オンライン自動査定

バイクブーンでは24時間出張買い取り・電話受付を行っております。オートバイ・バイクの買い取りならお任せください。
中古オートバイ・バイク買い取りなら、夜間でもご相談ください。

オンライン自動査定

500SS買取 KAWASAKI

KAWASAKI 500SS 画像1

お客様のバイク情報

メーカー
:KAWASAKI
排気量
:401-750cc
車種
:500SS

無料出張査定申し込みへ

お客様の買取査定額

最高価格
1,800,000
平均価格
1,590,000

無料出張査定申し込みへ



KAWASAKI 500SS(マッハ3)
1969年に北米で販売を開始した 500 cc (H1)
ともと「MACH III」の“III”は「3気筒」を意味するものであったので、その意味では750ccモデルの「MACH III」も誤りではない。その一方で、同様に3気筒である250ccモデルと350ccモデル・400ccモデルでは、「3気筒」を意味する“III”の愛称はなぜか用いられない。
日本向けモデルの名称に関しては、公称排気量のあとに“SS”が付加された(例「カワサキ500SSマッハIII」など)が、輸出車にはこの“SS”はなく、「Kawasaki 500 MachIII H1」と排気量に型式名が付く。
シリーズのタコメーターは、ナラシ運転時の走行距離と回転数制限と(500マイルまで4000回転、1000マイルまで6000回転)がパネルそのものに印刷されていた。(後にカバーガラスへのステッカーの貼付に変更)
発売当時の米国ではまだ過大な燃料消費とオイル消費や猛烈な白煙に寛大であり、低廉な車両価格(1,000ドル以下)と圧倒的な加速性能(カタログスペックでは0→100mで約4秒)。操縦性は少ない前輪荷重などが災いし、万人向けとは決していえないもので、他社種に比べ高い事故率をメディアで報道されるなど、「乗り手を選ぶ」バイクというイメージが世界各国で定着した。従来のタイヤでは500SSのパワーに耐え切れずテスト走行中にトレッド剥離が続発したため、ダンロップが新しくH規格のナイロンコードタイヤを500SSのために開発したほどであった。
1971年モデルのH1Aまではウィンカーはオプション扱いとなっていた。
欧州向けH1はノイズ障害を考慮して CDI に替えてポイント式点火機構を採用。
H1(1969年モデル):初期型
H1A(1971年モデル):タンク意匠変更(リブ廃止)
H1B(1972年モデル):レインボーライン、フロントディスク、CDI 点火廃止⇒バッテリーポイント点火に変更
H1D(1973年モデル):テールカウル装着、フレーム変更、グラフィックは日本人のデザイナーによるものに変更、最高出力ダウン(60ps→59ps)H2と共通のフラマグCDI採用
H1E(1974年モデル):キャンディレッド追加、エンジンのラバーマウント化、H2とは異なる一対のピックアップを用いたフラマグCDI採用
H1F(1975年モデル):グラフィック変更、サイドカバーのMACH IIIの文字を廃止
KH500 (A8) (1976年/1977年モデル):最高出力ダウン(59ps→52ps)、シフトパターン変更(ボトムニュートラル → 1ダウン 4アップ)
一部のカワサキ パーツリストには H1Cが存在する。
カラーリングはタンク、サイドカバーはH1Bと同様の 1972年モデル色。(フェンダーはステンレス製)(タンクはH1Aのもの)
フロントブレーキは1971年モデル (H1A) と同じドラム。(Fディスクモデルも極めて少数だが存在する。カタログなどに見受けられる)
点火機構も1971年モデルのCDI。
つまりH1AにH1Bのグラフィックとサイドカバーを付けたもので、この仕様でおよそ1,000 台ほどが生産された。H1Aの残存部品処分モデル。
KAWASAKI 500SS 画像2

メーカー指定買取強化案件について

スロットゲーム

バイク買取・バイク自動査定はバイク買取絶好調 BIKEBOON バイクブーン

Copyright c 2007 BIKEBOON All Rights Reserved.