オンライン自動査定

BIKEBOONでは24時間出張買い取り・電話受付を行っております。オートバイ・バイクの買い取りならお任せください。
中古オートバイ・バイク買い取りなら、夜間でもご相談ください。

オンライン自動査定

ZEPHYR750買取 KAWASAKI旧車高額車両

KAWASAKI ZEPHYR750 画像1

お客様のバイク情報

メーカー
:KAWASAKI
排気量
:401-750cc
車種
:ZEPHYR750

無料出張査定申し込みへ

お客様の買取査定額

最高価格
1,080,000
平均価格
660,000

無料出張査定申し込みへ



KAWASAKI ゼファー750(ZEPHYR750)
今やロングヒットとなったZEPHYRは1989年のレーサーレプリカ全盛期でした。
そんな中で大胆なカウルなしの昔ながらのバイクらしいバイクな
ゼファー400(ZEPHYR400)が登場しました。
アンチレプリカレーサーなユーザーを中心に
指示を受けて爆発的大ヒットとなりました。
ネイキッドブームの立役者はZEPHYRと言って過言ではありません。
当初400㏄のみでの予定でしたが、
日本国外からの要望もありその2年後の1991年にZEPHYR750登場し、
1年後の1992年にはゼファー1100(ZEPHYR1100)も登場しました。
その中でも、Z750RS(Z2)をイメージした事もあり、
再来とまで言われているZEPHYR750は
デザインや乗り心地も良く、機能性も高いことから人気です。
バイクブーンでは、ZEPHYR750を高価買取しております。
2017年の買取上限相場価格は1,080,000円です。
事故車両や不動車両もご相談ください。
車両だけではなく、パーツにも詳しいスタッフが車両毎の査定を行います。
ZEPHYR750の査定をお考えのお客様はお気軽にバイクブーンへお問合せ下さい。
その他にもZEPHYR750RSZEPHYR750ファイナルEDも買取を承っております。


ゼファー750cc豆知識

1989年に、ネイキッドブームの火付け役、ゼファー400(ZR400C)が登場し、一躍ベストセラー。それに続くシリーズの第2弾としてラインナップしたのがゼファー750(ZR750C)です。ベースはGPZ750F(ZX750A)の空冷並列4気筒2バルブDOHCエンジンで、起源はザッパー・Z650や、これをベースとしたZ750FX-2になる。内部はシェイプアップされ、カムカバーを角型からZ1・Z2のような丸型へ変更し、厳しくなった騒音規制をクリアするために77psから68psへとダウンしたものの、逆に低中速トルクは厚くなり、扱いやすい特性になった。 カウルなしスタイルで登場したゼファー。パイプ鋼管フレーム、丸目一灯ヘッドライト、空冷直列4気筒エンジン、2本リヤサスなどを踏襲し、左右2本出しのマフラーを装備するモデルである(400ccのゼファーは右側1本出しの集合マフラー)。特に「ナナハン」であるこのゼファー750は、丸みを帯びた燃料タンク、丸型のカムカバー、テールカウルなどの造型が、イメージモデルであるZ-2の雰囲気を連想させるものになり、爆発的な売れ行きで「ネイキッドブーム」の立役者になり、メーカー自主規制の上限値を意識しない出力設定は、カタログスペック競争に一石を投じることで、バイク好きによるバイク選びスタイルが変わるターニングポイントとなった。

燃料タンクのメーカーロゴとサイドカバーの車種名という配置が一般的であったなかで、それとは逆に燃料タンクに車種名「ZEPHYR」とサイドカバーにメーカーロゴ「Kawasaki」というロゴを付けた。

発売当初は400ccのみの発売予定だったが、1990年にはいってからは、750ccモデルの開発が始まり、続いて1100ccモデルの開発も開始した。現在では750ccモデルは、大型自動二輪の教習車としても用いられている。

2004年モデルのC10型では、エンジンの塗装色がそれまでの銀色から黒色に変更され、エンブレムに関しても、それまでのタンク側の「ZEPHYR」とサイドカバー側の「750」から、タンク側「Kawasaki」サイドカバー側「ZEPHYR750」に変更され、マフラーもメガフォン形状のサイレンサー部分がそれまでより延長された。

また、Z-2に近い雰囲気の派生モデルであるゼファー750RSが1996年から2003年まで併売された。ホイールは標準仕様のキャストホイールからチューブタイヤを使用するスポークホイールに変更。エンブレムも標準仕様とは違い、タンク側は「Kawasaki」およびサイドカバー側は「ZEPHYR750」となり、初期のゼファー750では単色カラーのラインナップだったが、ゼファーRSではファイヤーボール風のグラフィックが初期モデルから採用されている。
また、1999年式・2001年式・2002年モデルでは、ゼファー750・ゼファー750RSともに共通の「タイガーパターン」風のグラフィックを採用している。1999年式モデルでは1974年式Z2Aと同様の配色によるグラフィックとなっており、2002年式モデル・2003年モデルでは1975年式Z2A後期型と同様の配色となっている。

ゼファー人気は、人気マンガの世界でも目にすることが多い。
例えば、人気マンガ『湘南純愛組』の主役の鬼塚英吉も愛車は物語前半ではカワサキ・バリウスから[ゼファー400]、[ゼファー750]、中盤からゼファー1100のMKミッドナイトのカスタム仕様を愛車で乗りこなしている。
その他にも『サイコメトラーEIJ』『特攻の拓』などの人気マンガで主役の愛車として登場している。


KAWASAKI ZEPHYR750 画像2

メーカー指定買取強化案件について

スロットゲーム

バイク買取・バイク自動査定はバイク買取絶好調 BIKEBOON バイクブーン

Copyright c 2007 BIKEBOON All Rights Reserved.