旧車 CB400F 398cc高額査定実施中

旧車 CB400F 398ccなら専門買取のバイクブーンまでお任せください

HONDA CB400F(398cc)

お客様のバイク情報

メーカー
旧車
排気量
251-400cc
車種
CB400F 398cc

お客様の買取査定額

最高価格
1,420,000
平均価格
1,290,000
chevron_right1分入力!高額査定お問合せ
chevron_right旧車関連の買取金額一覧はこちら

CB400F 398cc の歴史と買取価格が高い理由

CB400F 398ccが査定金額が高い理由!
それはやはり、中型免許で乗れる旧車で、数々の漫画やドラマなどで、当時の方が熱愛している車両のため
バイクブーンでは、買取金額高額確定車両として対応をさせていただいております。
旧車繪カスタムや紳士カスタム、フルノーマルなど数々のジャンルがありカスタムのジャンルも多く高額査定必須です!

昭和51年3月5日発表、同月6日発売
日本国内では発売翌年の昭和50年に実施された運転免許制度改正により自動二輪車運転免許は排気量400cc以下のみ運転可能な中型限定が設定された。このため排気量408ccの本モデルは限定なし条件が必要となり、中型限定免許所有者向けに排気量を398ccに設定変更した日本国内専売の追加モデルである。
CB400F (初期型、1型)モデルからの主な変更点
従来からのフラットハンドル装着車をCB400FOUR-I、新たに設定されたアップハンドル装着車をCB400FOUR-IIとした。
車両型式をCB400F→CB400へ変更。
原動機型式をCB400FE→CB400Eへ変更し、行程を50.0→48.8(mm)へショートストローク化
最高出力37馬力/8,500rpm→36ps/8,500rpm・最大トルク3.2kg-m/7,500rpm→3.1kg-m/7,500rpmへダウン。
従来は燃料タンクと同色とされた左右サイドカバーをブラックアウト化。
タンクカラーはレッドが継続生産。ブルーが廃止されイエローへ変更。
タンデムステップをスイングアームからフレームへ移設。
タンク底面・ホーン・燃料コック・シート形状・メータ表示を変更。
生産台数はFOUR-Iが約1,000台、FOUR-IIが約5,500台とされる
当時の400ccクラスは直列2気筒エンジンが主流であり、4気筒エンジンを搭載する本モデルはドリームCB350FOUR(バケヨン)ベースに徹底的なコストダウンを図って開発されたが、免許制度の問題から2種類のエンジン・フレーム・スペックはもとより、日本国内仕様ではカラーバリエーションも追加したため逆に高コストとなったことから、日本国内仕様は1977年に低コストを前提にした2気筒エンジンを搭載する次期モデルホーク(通称バブ)シリーズへモデルチェンジされ販売終了。海外向け仕様は継続生産されたが、最終モデルではタンクに子持ちラインが入ると共に特徴であったリンク式バックステップが廃止されるなどコストダウンが実施され、1977年モデルを最後に生産終了した。
生産終了後にオートバイ雑誌で中型限定免許で運転できる4気筒車としてトップ記事や特集として扱われるなどの人気モデルとなったことから、中古車販売価格が新車価格を上回るプレミアム車の始まりになった車両としても有名な車両です。

オンライン自動査定はこちら

オンライン自動査定はこちら

バイクブーンの専門買取結果をご覧ください!

公式ユーチューブ ありがとうチャンネルはこちら

関連バイク買取情報

無料査定スタート

直近の旧車 CB400F 398ccの買取実績

1976年3月5日発表、同月6日発売
日本国内では発売翌年の1975年に実施された運転免許制度改正により自動二輪車運転免許は排気量400cc以下のみ運転可能な中型限定が設定された。このため排気量408ccの本モデルは限定なし条件が必要となり、中型限定免許所有者向けに排気量を398ccに設定変更した日本国内専売の追加モデルである。
408ccモデルからの主な変更点
従来からのフラットハンドル装着車をCB400FOUR-I、新たに設定されたアップハンドル装着車をCB400FOUR-IIとした。
車両型式をCB400F→CB400へ変更。
原動機型式をCB400FE→CB400Eへ変更し、行程を50.0→48.8(mm)へショートストローク化
最高出力37ps/8,500rpm→36ps/8,500rpm・最大トルク3.2kg-m/7,500rpm→3.1kg-m/7,500rpmへダウン。
従来は燃料タンクと同色とされた左右サイドカバーをブラックアウト化。
タンクカラーはレッドが継続生産。ブルーが廃止されイエローへ変更。
タンデムステップをスイングアームからフレームへ移設。
タンク底面・ホーン・燃料コック・シート形状・メータ表示を変更。
生産台数はFOUR-Iが約1,000台、FOUR-IIが約5,500台とされる
当時の400ccクラスは直列2気筒エンジンが主流であり、4気筒エンジンを搭載する本モデルはドリームCB350FOURベースに徹底的なコストダウンを図って開発されたが、免許制度の問題から2種類のエンジン・フレーム・スペックはもとより、日本国内仕様ではカラーバリエーションも追加したため逆に高コストとなったことから、日本国内仕様は1977年に低コストを前提にした2気筒エンジンを搭載する次期モデルホークシリーズへモデルチェンジされ販売終了。海外向け仕様は継続生産されたが、最終モデルではタンクに子持ちラインが入ると共に特徴であったリンク式バックステップが廃止されるなどコストダウンが実施され、1977年モデルを最後に生産終了した。
生産終了後にオートバイ雑誌で中型限定免許で運転できる4気筒車としてトップ記事や特集として扱われるなどの人気モデルとなったことから、中古車販売価格が新車価格を上回るプレミアム車のはしりとなった
無料査定スタート

ここまで読んで頂き、ありがとうございます。
少しでも弊社にご興味のある方はお気軽にお問い合わせ下さい。

0120-20-1818お電話でのお申し込み 通話無料(携帯 PHS OK)