トライアンフ(TRIUMPH) 1

トライアンフ(TRIUMPH)の買取情報

トライアンフ(TRIUMPH)がバイク界の開拓者

トライアンフ(TRIUMPH) 2

トライアンフ(TRIUMPH)は、イギリスに本拠地を構えるバイクメーカーであり、正式名称は「トライアンフ・モーターサイクル」となっています。

「トライアンフ(TRIUMPH)」綴りだけを見ると、まったくバイクを知らない人からすれば何のメーカーなのかわからないでしょうし、女性の方が見れば下着メーカーと間違えてしまう人もいるのではないでしょうか。

しかし、トライアンフ(TRIUMPH)は100年以上の歴史を残すバイクメーカーでもあり、現在のバイクに大きな影響を与えた開拓者でもあると言えます。

それは、カワサキのW400やW650に使われていたバーチカルツインエンジンが優れた例としてあげることができるでしょう。

縦に置かれたエンジンレイアウトで直立しているような形状をしており、放熱をするための冷却フィンが組み合わさって非常に美しくなっています。

さらにトライアンフ(TRIUMPH)の特徴は、「壊れにくい」ところにあります。

日本の国産メーカーに乗っている人からすると、バイクにしても車にしても海外の車は壊れやすいと思っている人が多数いらっしゃることでしょうが、トライアンフ(TRIUMPH)に限っては国産バイクよりも壊れにくいと、一部のファンの間では知られています。

1938年に販売された当時世界最速バイクである「スピードツイン」については、80年以上が経過した現在でも現役で走行している車両があるほどに、エンジンなどが優れた耐久力を持っているようです。

レースの世界であれば、世界最高峰のレースであるマン島TTでトライアンフ(TRIUMPH)の車両が多く参加する中、完走する車両が非常に多いこともトライアンフ(TRIUMPH)というメーカーに揺るぎない地位を与えた実例になります。

世界最古のバイクメーカーであるトライアンフ(TRIUMPH)

トライアンフ(TRIUMPH) 7

100年以上の歴史を持っているトライアンフ(TRIUMPH)は、実のところバイクメーカーの中で一番長い歴史を持っています。

1885年に「シーグフリード・ベットマン」がイギリスのロンドンで設立した「シーブフリード・ベットマン貿易会社」が起源となり、その会社で自転車を販売、製造するようになり、その際に「トライアンフ・サイクル」という名前で1887年に設立を果たしています。

肝心のオートバイ部門については、1902年に自社製造フレームに他社製品のエンジンを搭載した第1号車を生産し始めて、1905年にはエンジンも含めて完全にバイクの製造を始めるようになりました。

バイクの製造・販売を手掛けるようになってから100年以上が経過している今でも、トライアンフ(TRIUMPH)の車両は人気のモデルが多く、これまでの道で様々な困難があったとしても乗り越えてきている、優秀なオートバイメーカーです。

トライアンフ(TRIUMPH)の人気車種はレトロ感満載!

トライアンフ(TRIUMPH) 4

近年では、新型車両でもレトロ感のあるバイクが販売されたりと、古き良き時代を懐かしむことができるバイクが非常に人気になってきています。

国内外でも、こうした傾向は高まりつつある中でトライアンフ(TRIUMPH)のバイクは、昔からスタイルを崩すことなくレトロ感に溢れる仕様になっているため多くのファンがついておりますし、近年のあおりを受けて注目度も高くなってきています。

前述にもあったように「スピードツイン」を始めとした旧車や名車の数々から、現行販売車両に至るまでがトライアンフ(TRIUMPH)の人気車種となっており、乗る人を楽しませながらも見る人も楽しむことができるモデルがラインナップされています。

もちろん、スポーツ走行を楽しむ人向けのスタイリングとなっているバイクもありますので、たくさんの人から支持を受けています。

今でも人気のヴィンテージバイクは買取も高い!

トライアンフ(TRIUMPH) 5

トライアンフ(TRIUMPH)の歴史が長いことから、製造・販売の転換期と呼ばれる時期も多く存在しています。

オートバイ製造を開始した初期の頃からであれば、マン島TTレースによって高い信頼性を得ているため、「モデルH」が優秀な車両として評価を受けています。

その後、高価格帯のバイクの販売が低迷してきたことによって、低価格バイクである「モデルP」が販売されて業績を持ち直すことができました。

スピードツイン」の販売があり、その高性能版として「タイガー100」が登場したことでさらなる人気を獲得することができましたが、第二次世界大戦が始まった時期に突入することによって軍用車の生産に追われてしまい、新たな車両の開発に着手することができませんでした。

その後も転換期が幾度となく訪れては、あらゆる手を駆使して乗り越えてみせたことで、その当時に販売されたバイクには物語りがあり、今でもその物語と同時に語り継がれていますし、伴って人気も高いモデルが多くなっています。

もちろん、旧車や名車は年数が経っていますので、バイクが持つ歴史というのも忘れることはできません。

多くのヴィンテージバイクがトライアンフ(TRIUMPH)の歴史の一部であり、高い買取に繋がる要因となっています。

現行販売車両だってもちろん人気が高い!

トライアンフ(TRIUMPH) 6

現行で販売されている車両の中には、昔からのモデルをそのまま引き継いでいるスタイリングのバイクもあれば、現代にピッタリのフォルムをしているバイクもあります。

「スピードツイン」は現在でもモデルチェンジを繰り返して、現行販売されていますし、「タイガー」なども同様です。

スピードトリプル」や「ストリートトリプル」「デイトナ」などは、スポーツ仕様のバイクになりますので、バリバリに走りたい人達から人気の車両になります。

トライアンフ(TRIUMPH)の独特なオリジナリティ溢れるスタイルは、他のバイクメーカーとは一線を画すような雰囲気をまとっていることで、人気の高さもうなずける一品です。

トライアンフ(TRIUMPH)の主な買取車両ラインナップ

トライアンフ(TRIUMPH) 3

トライアンフ(TRIUMPH)が第二次世界大戦で製造工場を爆撃された際に、工場を「メリデン」へ移設して生産したバイクの中に「ボンネビルT120」があります。

この「T120」は、販売から数十年と経過しているバイクということで希少性も高くなっていることから、バイクブーンでは買取強化を行っている車両であり、これまでの買取実績では100万円以上の買取金額になっています。

この他にも、「ストリートカップ」や「アドベンチュラー」なども高く買取を行っていますし、「T120」以外の「ボンネビル」についても高価買取を実施しております。

トライアンフ(TRIUMPH)のバイクの多くは、昔から乗ってきている車両のため年数の経っている車両が多いですが、年式が古いからこその「味」がありますので、バイクブーンでは高く買取させていただいています。

現行車両の「ストリートトリプル」や「デイトナ」などの車両につきましても、これまでに買取をご依頼いただいてきておりますのでトライアンフ(TRIUMPH)の買取は弊社にお任せください。

バイクブーンならトライアンフ(TRIUMPH)の買取実績も豊富で高い買取金額

バイクブーンでは、現行車両から旧車に至るまで専門のスタッフが豊富な知識を持って査定を行っておりますので、お客様にご納得いただいて満足していただける買取となっています。

多くの車両を取り扱ってきた実績や、買い取らせていただいた金額は、これから愛車を手放すライダーへの道しるべになってくれます。

「バイクブーンに売って良かった」と、そう言っていただけるように、更なる実績を重ねていき、トライアンフ(TRIUMPH)の買取強化を図ってまいります。

傷が入っていたり、不動車になって動かない場合でも問題ありませんので、まずはお気軽にバイクブーンへご連絡ください。

スロットゲーム

お問い合わせ

keyboard_arrow_up