GS

BEETカスタム、3段シート、などの族仕様だから高額買取されないとは限りません。
改造の内容で高額査定が出せる場合もございます。 バイクブーンでは、カスタムに使用した各パーツも細かく査定させてていただいております。
ノーマルパーツも残している場合は、一緒に査定いたします。是非ご相談ください。
査定には、多くの評価指標があります。走行距離が多くても保管や、使用によって状態は様々です。
友人売買では、なかなか適正に見極めることは難しいものです。車種によって売り時もございます。
バイクブーンでは、多数の業者市場の相場をリアルタイムで把握して高額査定させていただいております。
GS400検討中なら是非バイクブーンにおまかせください。

買取一部情報
GS400 ¥ 747,900  2015年夏
GS400 旧車繪仕様 ¥ 820,000 2016年冬
当社が現在探しているGS400
GS400は人気車両の為超高額買取が可能になっております。特に旧車繪仕様は値段が下落すると
認識されている方も多いかと思いますが実際に上がった事もございますので、ご気軽に御連絡下さい!!

GS400は名車です、純正部品等があるようであれば査定金額アップになりますので、どのような状態であっても一旦お見せください。

2ストロークエンジンを主に生産していたスズキの初の本格的4ストロークDOHC直列気筒大排気量車である。
スズキの「滝洋テストコース」での全開2万キロテストに合格した高品質のエンジンとなっており、
「ヨシムラ」がエンジンチューン・スズキは車体を担当してレースで好成績を残している。


GS400高額定番カスタム ※ノーマルは当然超高額買取

イノウエロケットカウル、三段シート(okawa)、ショート菅(wing製)、アキラハンドル

2017年多かったGS400 カフェカスタム
セパハン(ハリケーン製)、シングルシート、ヨシムラショート菅(当時もの)、バックステップ
元旧車繪カスタムからの再改造の上

GS400最も多いカスタム
オールペン、新幹線風防、三段シート(メーカー不明)、ショート菅(コーヒー缶式)

GS400は独自の二気筒の振動と直管時の吸気音(吸い込みサウンド)が乗っている人を魅了し、スリムなフレームラインが
旧車好きの男女に非常に人気が高い車両になっています。
ただし乗りやすさが非常にいいため、一部のユーザーでウィリーをする方も多い車両になっています。

GS400についてはスズキの当時の販売手法から年式によりカラーバリエーションが決まっておりあえて純正色のカラーリングを残しながら
カスタムも非常に多く買取金額がザリ(GSX250E、GSX400E)と比べて高額となっております。

GSのパーツについても高額です。
メーターについては、OEMもなく、非常に高価です、稀にマイル表示の車両については、何故か国内仕様のものより高額になるケースがございます。
スイングアームについても、旧車繪カスタムを行って、無邪気に遊んだ後に曲がりが出やすいとのことで純正品も少なく高価とされています。