close
バイク高額買取実施中
mobile_harely
event

バイク買取オンライン自動査定

tp_keyv_02
tp_keyv03 imagemap-pc 三角形のリンク 右側のリンク 左側のリンク
fig-slotstrat
fig-yubi
tp_keyv03 imagemap-fig
fig-slotstrat
fig-yubi

バイク買取で困ったらバイクブーンへご相談ください

バイク買取の事ならバイクブーンの高額査定にお任せ下さい!
旧車からハーレートライク・カスタム車両まで幅広いジャンルのオートバイに対応しております!
動かなくなったバイクや処分に困ったバイク等、どんな状態のバイクでも買取査定致します。オリジナル状態の旧車CBX550Fなどはプレミアム価格が付いて、新車以上の価格で取引されている車種も多いです。
現在バイクブーンでは多くの地域で出張査定や買取査定を行ってきています。買取にあたり高額買取するエリアもございます。ご一緒にパーツ等がありましたら査定アップの対象です。バイクをお売りになる他社との金額で高いのか?安いのか?ご不安になった際に参考として、バイクオンライン査定のご用意もしております。ご利用ください。
【注意】多くのバイク買取業者は、お電話時に買取上限金額のご案内をしております、当社ではバイク正直価格にてご案内をしております。


新型コロナウイルスの感染拡大に伴う対応について


日頃バイク買取バイクブーンをご愛顧賜り、厚く御礼申し上げます。
弊社ではお客様、ならびに従業員およびその家族の健康と安全を考慮し、
感染症対策として下記を実施しております。

■出勤前の検温等体調管理
■全社員マスク着用の徹底
■出張訪問前、アルコール消毒の実施
■買取スタッフにて店内の定期的な換気、および消毒
■出勤体制を調整し少人数体制での業務遂行

弊社ではお客様がご安心してご利用いただける環境づくりを行っておりますが、ご利用に際し不安を感じられる方は遠慮なくスタッフへお申し出くださいませ。
尚、直近の車検切れの車両については、バイクブーンオリジナルキャンペーン【コロナでもバイク高額買取キャンペーン】にて対応をさせていただきます。

30秒簡単バイク査定

メーカーの選択
排気量の選択
車種を選択
※メーカー・排気量を選択後に入力
お名前
お住まい
電話番号

バイク買取で起こりがちな悩みarrow_drop_down

趣味でバイクを購入したものの、時間がなかなか取れなかったり想定以上に維持費がかかってしまったりして長期間放置しているケースは多いものです。バイクは長期間放置しておくとバッテリーの劣化や、燃料の劣化、キャブレター内部へ不純物が混入するなどしてエンジンがかからなくなってしまうケースが少なくありません。
いざバイクに乗ろうとしたらエンジンがかからず、修理費として数万円単位でのメンテナンス費がかかってしまいます。たとえバイクに乗らなかったとしても、車検や自動車税、保険料などにかかる費用を考えると、ただ所有しているだけで多額の費用がかかってしまうもの。
そこで多くの人が検討するのが、乗らなくなったバイクの売却です。年間にかかる維持費を削減できるだけではなく、下取りに出すことで臨時収入を得ることもできるでしょう。しかし、必ずしも全てのバイクを無条件で買い取ってくれることはなく、さまざまな理由で買取不可とされてしまうケースがあります。
代表的なのが、事故歴のあるバイクやエンジンがかからなくなってしまった不動車、フレームの歪みやボディに大きなキズや凹みが見られるバイクなどです。
バイクにそれほど詳しくない人のなかには、これらのような問題を抱えるバイクに価値がつかないのは当然と考える人も多いと思います。しかし、それを当然のことと受け入れてしまうのはまだ早いかもしれません。事故車や不動車であったとしても、数千円、数万円でもお金になるのであれば、誰もがその方法を知りたいもの。
実はバイク買取を専門に行っているバイクブーンでは、事故車や不動車のようなバイクであっても高値で買取を実施しています。なぜそのようなことが可能なのか、また、バイクブーンではどのようなバイクの買取に力を入れているのかなども含めて詳しく紹介していきましょう。

続きはこちらkeyboard_arrow_right

バイク買取に必要なものと買取の流れarrow_drop_down

バイクの買取を行う際には、まずは見積もりを依頼しましょう。バイクブーンでは無料で出張査定を行っているため、買取の意思が明確ではない場合もまずはご相談ください。
見積もり金額に納得いただき、買取の意思が固まったら売却の準備に入ります。バイクブーンへバイクを売却する際に必要となる書類は以下の通りです。

●以下いずれかの書類
自動車検査証(251cc以上)
軽自動車届済証(126〜250cc)
標識交付証明書(50〜125cc)
廃車書(廃車済の場合)
●本人確認書類(免許証、パスポートなど)
●印鑑(認印)
●自賠責証明書

上記の書類をもとに買取が成立となり、その場で現金で支払われます。ただし、ローンの残高が残っている場合などはその場で手続きが完了しないケースもあり、後日支払いとなります。
買取後2週間ほどでバイクの名義がバイクブーンへと変更となり、その旨のお知らせが郵送で到着します。

続きはこちらkeyboard_arrow_right

バイクブーンが得意とするものarrow_drop_down

まず、バイクブーンではどのようなバイクの買取を得意としているのか詳しく見ていきましょう。結論から言ってしまえば、バイクブーンが得意としているのは以下のジャンルのバイクです。

●旧車・希少車
●ハーレーダビッドソン
●大型バイク

さらに具体的にいえば、上記のジャンルのバイクであれば一般的な買取店の提示価格よりも20%ほど高い金額を提示したケースもあります。
もちろん、バイクブーンでは上記以外にもスクーターや小型バイクなども買取を行っています。しかし、旧車や輸入車にこだわるのは、バイク業界では適正な価格で買取が行われていないケースも多く、そんなユーザーの悩みを解決したいという理念があるためです。
それでは、なぜバイクブーンは他社に比べて高額な査定が可能なのでしょうか。その秘密をさらに掘り下げて見ていきましょう。

続きはこちらkeyboard_arrow_right

バイクブーンが高額で買取できる秘密arrow_drop_down

旧車や希少車は、見る人によっては「ただの古いバイク」と映るかもしれません。当然のことながら、これはバイクに限ったことではありませんが、その価値を正しく理解していないとユーザーにとって納得感のある買取金額は提示できないものです。
バイク買取業者も仕事である以上、古いバイクであってもその価値は正しく理解していることがほとんどでしょう。しかし、仮に状態の悪い旧車や希少車を買い取る際、それを整備した後の姿を想像するのか、それとも現状のバイクの状態を見てそのまま判断するのかによって買取価格は全く異なってきます。
仮に自社で買い取っても十分な整備ができないと判断した場合、その業者では市場価格に比べて査定額は大幅に低くなってしまうことでしょう。しかし、自社で十分整備対応が可能であると判断した業者であれば、整備にかかるコストなどを考慮したうえで買取価格を提示することになります。当然のことながら後者のほうがより高額査定が可能になり、買取を依頼したユーザーからも喜ばれることになるでしょう。
さらにハーレーダビッドソンをはじめとした海外製の大型バイクの場合、その価値を正しく理解し、常に相場を把握している業者は意外と少ないものです。また、海外メーカーのバイクは特殊な仕様のものが多く、確かな技術を持っていないと適切な整備を行うこともできません。これらの理由から、そもそも海外製のバイクを扱っていないショップも少なくありません。当然のことながら、そのようなショップに買取を依頼しても断られてしまうケースがあります。
バイクブーンでは旧車や輸入車の買取に特に注力していますが、この裏には小売を専門に扱う部門を有しているという理由があるためです。通常の買取業者よりも販売やショップの数が多いため、販売サイクルが早く在庫リスクが少ないことも高額での買取を実現できている理由のひとつです。

続きはこちらkeyboard_arrow_right
査定スタート

買取コラム

ハーレー バイク買い取り実績 高額ランキング


 

「キング・オブ・モーターサイクル」という異名はダテじゃない。オトコの憧れの一つであるバイクブランド「ハーレー」。その名前を冠するバイクに乗っているだけで、どことなく優越感に浸れ、そして誰かに自慢したくなってしまう魔法がかかっています。広大な大地と、どこまでも広がる地平線を走っていくイメージ。なんなら革ジャンと葉巻すら浮かんできてしまうくらいに「そういう」持ってるバイク。それがハーレーの魅力ではないでしょうか。

ハーレーダビッドソンの車両買取について


冒頭でも触れておりますが、世界中で大人気であり知名度もナンバーワン。誰もが認めたうえで「キング・オブ・モーターサイクル」と呼ばれているのは明白。そんなハーレーだからこそ、当然ながら買取もかなり高額査定が付きやすいメーカーです。国産メーカーでも勿論高額の査定はつくものもありますが、ハーレーに関してはほとんどのバイクが高額査定になってしまうのではないかというくらい。中古市場ではそこまで見る事が少ないハーレーですが、バイクブーンは専門のスタッフが査定しているため、他社で断られた事故車やかなりの減額された中古車でも驚くほど高い値が付くこともあります。そのためバイクブーンはハーレーの中古のタマ数も豊富。それだけ皆様査定額に納得して下さっているという結果でもあります。

ハーレーダビッドソンとは


ハーレーダビッドソン社がアメリカで誕生したのはなんと100年以上も前の1903年。日本の元号は明治で、日露戦争が勃発する一年前頃だというから驚きです。その当時、アメリカ中西部にあるウィスコンシン州の都市「ミルウォーキー」で暮らしていた4人の若者がハーレーの創始者となります。トマト缶なんかを用いて作られた手作り感あふれる「ハーレーダビッドソン第1号」を皮切りに、その後ハーレーの代名詞となるVツインエンジンを開発し、世界の人々に愛されるバイクメーカーにまで成長するのです。

ハーレーダビッドソン買い取り実績


ハーレーダビッドソンが大人気なのはもちろん誰もが知るところ。最近では女性のハーレー乗りの方も増えておりますね。ビッグバイクの印象ですが、しかし走行時の安定性や耐久性もピカ一。もちろん、バイクブーンでも多数買取させていただくメーカーでもあります。バイクブーンでは、ハーレーの価値を正しく見極める事が可能な専門的なスタッフが査定を行っておりますので、他社様に比べて査定が高額となる事もあります。是非一度、こちらの記事を見てビビッとときたら、当社までご連絡頂ければ嬉しいです。

 

ハーレーダビットソン買取ランキング✴︎


さあ、いよいよ人気買取ランキングです。古き良きスタイルから、レア車まで多彩なスタイルがランクイン!
早速行ってみましょう。

 

https://www.youtube.com/watch?v=FK-n5AnXBcM

 

第5位 FLHXSE1800CVO ストリートグライドCVO


FLHXSE1800CVO

 

「ultra limited」スタイルの存在意義であるバットウイングフェアリング、そして漂う高級感。こちらが出る前までは威厳を持たせるためにゴタゴタと色々くっついていたそんなモデルが人気でしたが、このストリートグライドはそういった装備の一切を取り外してウインドスクリーンもばっさりと短くして、さらにスモーク加工され、シートなどもよりスポーティな仕様に近づけて、それまでのモデルとは一線を画した扱いやすい斬新なモデルとなったこちらのFLHXSE1800CVO ストリートグライドCVOが第5位にランクイン。



https://www.kaitori-do.com/bikeinfo/detail/harley/5650/

 

第4位 サービカーGE


サービカーGE

 

この車両なら冬の北海道でも走れてしまうのではと思ってしまう程の存在感。そして三輪ならではの落ち着いた取り回しと安定性。普通、バイクの後部座席という物は多少座りにくかったり狭かったりしますがこちらは四輪の高級車に劣らないほどの座り心地の良さが魅力。中古市場では本当に中々お目にかかれないレアカーですので、納得の第4位にランクインです。



https://www.kaitori-do.com/bikeinfo/detail/harley/5647/

第3位 ナックルヘッド


ナックルヘッド現金高額買取

 

ハーレーダビッドソン社が開発した初の「OHVエンジン」。1936年に登場したエンジンで、実はアメリカの他社メーカーに比べて後発であった。当時としては性能的には申し分なかった世界最高峰の優秀なエンジンでした。しかし現行モデルに比べると耐久性も低く、オイル漏れなど頻繁に起こるし、メカ・ノイズデカすぎ問題などもありました。しかしながらとてもロマンあふれるエンジンである事は疑いようもありません。第3位にランクインです。



https://www.kaitori-do.com/bikeinfo/detail/harley/5540/

第2位 パンヘッド


パンヘッド 旧車 ビンテージバイク高価買取

 

パンヘッドも、上記ナックルヘッドと同じくエンジンの名称。ナックルヘッドの後継機であり、当時としては素晴らしいエンジンであったナックルヘッドの様々な問題点を改善させ、さらにシリンダーヘッドがアルミ製に変わり、オーバーヒートする危険性がかなり少なくなったのもとても良い改善点でした。また、アルミ素材に変わったことにより、エンジンの軽量化も図られた、まさに当時の夢のエンジンだったというワケです。そんなパンヘッドが堂々の第2位にランクインしました。



https://www.kaitori-do.com/bikeinfo/detail/harley/5583/

第1位 EL1000


EL1000買取

 

1948年に登場した伝説の名機。年代から「ヨンパチ」とも呼ばれることもあるようです。もはや見たことがある人さえ少ないという超レア車なだけに、買取価格もとんでもない額になっております。上記のエンジン「パンヘッド」を初めて積んだマシンであり、一度は乗ってみたい、そんな贅沢は言わないから一度は拝んでみたいというレベルのまさしく古き良きオールドアメリカ、キング・オブ・モーターサイクルの体現車という事でしょう。誰もが納得の1位はEL1000でした。



https://www.kaitori-do.com/bikeinfo/detail/harley/2042/

 

まとめ


人気のトライク買取ランキングでした!お気に入りのバイクや、愛車のバイクはランクインしていましたか?
バイクブーンなら、中古車だけでなく事故車の買取も行っています。

買取ページから30秒で簡単査定が可能です。ますは試しにチェックしてみませんか?高額査定の

 

https://www.kaitori-do.com/bikeinfo/point/

査定スタート

ピックアップ買取車両

バイク買取情報

事故車や不動車であっても買取が可能な理由

事故車や不動車の場合、バイクの買取を行ってくれるショップと買取自体が不可のショップに分かれるものです。しかし、同業者であるにもかかわらず、なぜこのような差が生まれるのでしょうか。
一口に事故車といっても、破損の程度はさまざまです。前から追突して大破したバイクであっても、フロント部分やエンジン部分の損傷は激しくてもリアフェンダーやテイル部分のパーツは無傷であることは少なくありません。
特に古いバイクで流通量が少ない車種の場合、ひとつひとつのパーツを分解して流用でき、高額で売れることも珍しくありません。自社のなかでパーツを必要としていなくても、バイク用品を扱う他社やオークションなど、販売する方法はいくらでも考えられます。もちろん、損傷が軽度の場合は修理することで良好なコンディションを取り戻すこともあります。
このように、バイクブーンではバイクそのものに買値がつかなかったとしても、個別のパーツひとつひとつを吟味し、できるだけお金に換えるための方法を検討します。令和に入りアンドロイドナビのバイク専用ナビを取付しているハーレーをよく見かけます、ナビ付きのバイク買取も非常に多くなっておりますので、パーツが非常に価値がある場合があります、その結果、事故車であっても処分料がかからないもしくはそれ以上の買取価格を提示できています。
ちなみに、バイクを廃車として処分する際には8,000円〜10,000円程度の処分料が必要になります。間違っても自転車や家電製品のように数百円程度で粗大ごみとして処分することはできないため、注意が必要です。

バイクブーンではカスタム車両の買取も可能

バイクユーザーのなかには純正パーツを取り外し、カスタム用のパーツに交換してオリジナリティあふれる仕様にして楽しむ人も多いです。最近ではあまり見かけなくなりましたが、条件が厳しいショップや業者だとカスタムが施されたバイクは買取が不可であったり、マイナス査定となったりすることもあります。しかし、バイクブーンではカスタム仕様のバイクであっても買取が可能で、純正パーツもセットになっているとさらにプラス査定となります。
もしバイクの売却を検討している人は、ぜひ純正パーツを準備したうえで見積もりを取ってみましょう。

バイク買取で困りごとがあればバイクブーンへご相談を

バイク買取のバイクブーンは旧車や輸入車、事故車から不動車まで、あらゆるバイクを高値で買い取っています。他社に見積もりを依頼したら買取を断られてしまった、買取金額に不満を抱いているなど、バイク買取に関して困っていることがあれば気軽にご相談ください。
確かな目をもった査定員が訪問し、大切に乗ってきたバイクを丁寧にバイクの査定させていただきます。まずは見積もり依頼だけでも、ぜひご連絡をお待ちしております。

}

keyboard_arrow_up