スズキ GSX400E高額査定実施中

スズキ GSX400Eなら専門買取のバイクブーンまでお任せください

バイク買取 バイクブーン


SUZUKI GSX400E

お客様のバイク情報

メーカー
スズキ
排気量
251-400cc
車種
GSX400E

お客様の買取査定額

最高価格
480,000
平均価格
410,000
chevron_right1分入力!高額査定お問合せ
chevron_rightスズキ関連の買取金額一覧はこちら
youtube

GSX400E

GSX400シリーズは、GS400シリーズの後継として登場した。 空冷並列2気筒エンジンを搭載する点は共通ながら、バルブ数が2バルブから4バルブへと進化している。 なお、スズキの車種の命名には法則があり、「GS」は4サイクルスーパースポーツ車の称号、「X」は4バルブを示す記号となっている。
GS400の後継モデルとして、1980年に初めてGSX400シリーズから登場したGSX400E。
このモデルはGS400Eの最終型の代替機種となります。
翌年の1981年にはフロントブレーキのダブルディスクや扁平タイヤに変更する等のマイナーチェンジをし、
1982年はエンジンやフレームなどの車体構成はそのままに外装を変更して、名称はGSX400Eカタナとなりました。
上位機種のGSX650Gに通じる外観となるとともに、「カタナ」のサブネームが与えられ、カタナシリーズの一角を担った。
従来のGS400がDOHC2バルブであったのに対して、4バルブになっているところが目新しく、
馬力はGSから5馬力アップの44馬力でKAWASAKIのZ400FXを上回っていました。
重量も約15Kg軽く、更にはツインならではの中低速の粘りも兼ね備えてあらゆる面で走行性能に優れていました。
GSX400Eのスタイルは伝統的で端正な美しさのGSに対して、力強く独創的造形に満ちたデザイン。
ライバルに追いつき追い越す意気込みが形にまずは表れていました。
走行性能は良いが、好みが分かれてしまうそのデザインはZ400FXほどの売れ行きには至りませんんでしたが、近年ではこのような絶版車や旧車が人気車両となっており、バイクブーンでは高額買取を実施している一つです。
ほぼ同様のリニューアルは、250ccクラスのGSX250Eと1100ccクラスのGSX1100Eでも同年に行われ、ほぼ共通するデザインにマイナーチェンジを受けるとともに、それぞれカタナの名称が追加された。
さらに1983年には、ビキニカウルを装備した派生モデルが登場。GSX400Eシリーズとしてはこのモデルイヤーが最終となった。
なお、同時期におけるスズキの400ccクラスのスポーツモデルとしては、4気筒エンジン搭載のGSX400Fが並行してラインナップされていた。

オンライン自動査定はこちら

オンライン自動査定はこちら

GSX400Eの高価買取を実施しております

ザリガニの「ザリ」や、ゴキブリの「ゴキ」などと親しまれているGSX400Eを含めた絶版車、旧車は、
国内のみならず、国外でも根強く愛されているジャンルになります。
ノーマルや、ノーマルに近い車両を大切に楽しんでいる車両はもちろんのことですが、
族車や、旧車會などを始めとしたカスタムを楽しんでいた車両の買取もバイクブーンは他社より高額買取に自身があります!
実際に買取金額も満足のお声を頂いている実績が多数になります。
発売開始から年数も経ってしまっているので、現在では長く家で乗らずに眠っている不動車など
特殊な改造により他社では納得の値段での売却にならないそうだと言って妥協する前に
バイクブーンの方がお力になれるかもしれないのでまずはお気軽にお問合せ下さい!

バイクブーンの専門買取結果をご覧ください!

公式ユーチューブ ありがとうチャンネルはこちら

関連バイク買取情報

基本スペック

タイプグレード名 GSX400E KATANA
発売年 1983
仕向け・仕様 国内向けモデル
全長 (mm) 2105
全幅 (mm) 755
全高 (mm) 1160
軸間距離 (mm) 1415
最低地上高 (mm) 145
車両重量 (kg) 191
乗車定員(名) 2
原動機種類 4ストローク
気筒数 2
シリンダ配列 並列(直列)
冷却方式 空冷
排気量 (cc) 399
4スト・カム駆動方式 DOHC
内径(シリンダーボア)(mm) 67
行程(ピストンストローク)(mm) 56.6
圧縮比(:1) 10.5
最高出力(PS) 44
最高出力回転数(rpm) 9500
最大トルク(kgf・m) 3.7
最大トルク回転数(rpm) 8000
燃料タンク容量 (L) 16
燃料供給方式 キャブレター
エンジン始動方式 セルフスターター式
点火装置 フルトランジスタ式
点火プラグ標準搭載・型式 D8EA
搭載バッテリー・型式 YB12B-B2
エンジンオイル容量※全容量 (L) 3.00
クラッチ形式 湿式・多板
変速機形式 リターン式・6段変速
1次減速比 2.714
2次減速比 2.933
変速比 1速 2.4610/2速 1.7770/3速 1.3800/4速 1.1250/5速 0.9600/6速 0.8510
動力伝達方式 チェーン
フレーム型式 ダブルクレードル
キャスター角 27°50'
トレール量 (mm) 102.0
懸架方式(前) テレスコピックフォーク
懸架方式(後) スイングアーム式
ブレーキ形式(前) 油圧式ダブルディスク
ブレーキ形式(後) 機械式リーディングトレーリング
タイヤ(前) 3.60-18
タイヤ(前)構造名 バイアス
タイヤ(前)プライレーティング 4PR
タイヤ(後) 4.10-18
タイヤ(後)構造名 バイアス
タイヤ(後)プライレーティング 4PR
ホイールリム幅(前) 1.85
ホイールリム幅(後) 1.85
無料査定スタート

直近のスズキ GSX400Eの買取実績

スズキ GSX400E画像

買取金額 227,321円

年式・走行距離不明 250cc登録※高額査定
書類あり 
オレンジラメ ハンドル(マッドスターウィリーハンドル)
3段シート  (okawa)
ロケットカウル (ジョーカー)
フレーム赤ペイント 250CCフレーム
フルレストアを購入時にしています 



SUZUKI GSX400E
GS400の後継モデルとして
1980年に初めてGSX400シリーズから登場したGSX400E。
このモデルはGS400Eの最終型の代替機種となります。
翌年の1981年にはフロントブレーキのダブルディスクや
扁平タイヤに変更する等のマイナーチェンジをし、
1982年は車体構成はそのままに外装を変更し、
名称はGSX400Eカタナとなりました。
上位機種であるGSX650Gを思わせる外観となるとともに、
『カタナ』のサブネームが与えられ、カタナシリーズの中の一つとなりました。
従来のGS400がDOHC2バルブであったのに対して
4バルブになっているところが目新しく、
馬力はGSから5馬力アップの44馬力でKAWASAKIのZ400FXを上回っていました。
重量も約15Kg軽く、更にはツインならではの中低速の粘りも兼ね備え、
あらゆる面で走行性能に優れていました。
GSX400Eのスタイルは伝統的で端正な美しさのGSに対して、
力強く独創的造形に満ちたデザイン。
ライバルに追いつき追い越す意気込みが形にまずは表れていました。
走行性能は良いが、好みが分かれてしまうそのデザインは
Z400FXほどの売れ行きには至らず…。
ですが、近年ではこのような絶版車や旧車が人気車両となっており、
バイクブーンでは、GSX400Eも高価買取を実施しております。
2017年の買取上限相場価格は480,000円です。
車両のみならず、パーツの知識も豊富に持っているスタッフが
適正買取価格を車両毎に査定しております。
GSX400Eの査定をお考えのお客様はお気軽にバイクブーンへお問合せください。
無料査定スタート

ここまで読んで頂き、ありがとうございます。
少しでも弊社にご興味のある方はお気軽にお問い合わせ下さい。

0120-20-1818お電話でのお申し込み 通話無料(携帯 PHS OK)