カワサキ Z750RS 初期ロッド高額査定実施中

カワサキ Z750RS 初期ロッドなら専門買取のバイクブーンまでお任せください

バイク買取 バイクブーン

お客様のバイク情報

メーカー
カワサキ
排気量
401-750cc
車種
Z750RS 初期ロッド

お客様の買取査定額

最高価格
3,000,000
平均価格
1,500,000
chevron_right1分入力!高額査定お問合せ chevron_rightカンタン!LINEお問い合わせ

chevron_rightカワサキ関連の買取金額一覧はこちら
youtube

Z2の歴史

カワサキが誇る名車中の名車の「Z2」は、Z1が欧米で売れ行きが好調だったことから日本国内向けに販売されたモデルの「750RS」の通称の名前です。
カワサキが1972年から欧米で排気量903ccのZ1を販売し、その売れ行きが良く、高い人気を獲得したため、日本国内に向けて販売しようとしていました。
しかし、当時は日本国内では業界の自主規制によって750ccを超える排気量の販売はできなかったため、Z1のエンジンをボアダウンすることで販売しようとしましたが、結局はボアだけでなく、ストロークも変更して排気量を750ccにすることで、1973年に販売を開始しました。
1973年からモデルチェンジを果たす1980年まで、ずっと基本的に変わることのないエンジンとフレームを使用しており、同一のエンジンとフレームを8年間も長期間使用するのは、バイクブームの中にあった日本国内では珍しいことでした。
ベースとなったZ1のボアストロークが66×66mmのスクエアであり、Z2へ搭載する750ccエンジンをボアダウンのみで行ってしまうと、様々な弊害が生まれてくることが判明したため、ストロークの変更を余儀なくされています。
これによって、クランクシャフトを完全な新設計とし、ストロークの変更とクランクシャフトの変更、そしてボアの縮小によって、Z2に搭載されるエンジンが完成しました。
その最高出力は69ps/9,000rpmとなり、最大トルクは5.9kgf・m/8,500rpmとしており、ボアストロークは64×58mmの圧縮比9.0としています。
空冷の並列4気筒エンジンは、今でも愛されている名車のエンジンと言えるでしょう。
Z2販売当時は、既にスターターモーターを用いたセルフスターターが普及し始めていましたが、バッテリーや充電系の信頼性の問題から、キックスターターも装備されています。
カラーリングは、初期ロッドから使われている火の玉カラーについては、絶大な人気を誇っています。
また、Z1と違いキャブレターの構造が変わっていることもあり、Z1のキャブレター口径が28mmに対してZ2は26mmとなっているような違いがありますし、ホイールベースにいたってはZ1よりZ2の方が長くなっています。
Z1のホイールベースが1490mmに対して、Z2のホイールベースは1500mm程度と若干ではありますが長くなることで、直進性を安定させる工夫が施されています。
ここで、全長×全幅×全高の数値を紹介すると、全長は2210mmの全幅が865mmとなり、全高が1170mmとなっています。
最近のバイクと比べるとこじんまりとしたような寸法ですが、当時ではビッグバイクとして名をはせていました。
カワサキのフラッグシップモデルとして、販売されたZ2ですが、当時の価格では約40万円くらいでした。
現在の価値に換算するとおおよそ、100万円程度となるでしょう。
フラッグシップモデルと言えども、手を伸ばせば購入することのできる価格だったのも人気となった理由の一つにあります。

オンライン自動査定はこちら

オンライン自動査定はこちら

Z2高額買取の理由

販売が終了してから既に40年の月日が流れようとしているZ2ですが、未だに現存している車両も多くあり、多くのファンが所有しています。
旧車ということもあって、経年劣化が進んでいっていますが、それでもなおメンテナンスをこまめに行い、大切に乗っているオーナーが多くいるのは嬉しいことです。
ノーマル状態の程度の良い車両から、カスタマイズされた車両、様々ありますが、どれを取っても人気が高くなっており、高額買取の対象車両となっています。
外装がボロボロになっていたとしても、フレームだけの買い取りも行われるほどに人気の高いZ2ですから、どこへ買い取りに出したとしても引く手数多となることは間違いありません。
しかし、大事に大事に乗ってきたZ2を安い価格で買い取られてしまったのでは、浮かばれません。
バイクブーンであれば、これまでに買い取ってきたZ2の最高額は、驚愕の2,000,000円です。
車両の状態によっては、この2,000,000円を超えることがあるかもしれません。
そこは、バイクブーンがお客様のお持ちのZ2を実際に見させていただいて、その上で査定額を出させていただきますので、皆様の期待に沿える金額になるようにいたします。
不用品なってしまった、全然動かしてないから動くかわからないというZ2であっても、まずは1度拝見させてください。
家に転がっている状態であれば、そのまま眠らせておくよりも、大事に乗ってくれるオーナーへ整備をして繋いでいくことができるのも、旧車の大切な役割とも言えます。
バイクに好きで乗っていらっしゃる方で、Z2の名前すらも知らない方は少ないとは思いますが、知り合いから譲り受けたまま乗っていない、父親から譲ってもらったといったこともあるかと思われます。
Z2の価値がどの程度のものか知らないままで、車庫にしまっておくのは非常にもったいないです。
自宅に、倉庫に、もしZ2があるのだとしたら、1度見てもらいましょう。
そのZ2がもしかすると、台数の少なくなっている初期ロッドだったりすると、びっくりのお値段が付くことがあるかもしれません。
旧車に分類されるバイクはほぼ全てのバイクに対して、プレミアがついてきており、コアなファンが多く存在していますので、どんな状態であったとしても買取ることができるでしょう。
カスタマイズの方向性がスポーツであっても、族車になっていたとしても、どんなカスタマイズであっても現車を見て判断いたします。
バイクブーンだからこそできる高額査定をするなら、今しかありません。
Z750RS 初期ロッド買取漫画
Z750RS 初期ロッド
プラス高額査定実施中

バイクブーンの専門買取結果をご覧ください!

公式ユーチューブ ありがとうチャンネルはこちら

関連バイク買取情報

Z750RSの歩み

Z2が販売されている最中に、日本の二輪の免許制度が変わったのが1975年のことです。
今の免許形態と同じように、400ccまでの普通自動二輪免許(中型二輪免許)と限定なしの大型二輪免許に分かれました。
それによって、大型バイクの需要が激減し、そのあおりをZ2も受けていました。
続々とニューモデルが出てくる中で、年式の古いバイクは淘汰されていき、750ccクラスのバイクは年式が古ければどんどん価格が下がっていき、中古車市場での販売価格は400ccクラス以下の価格となり、買取金額もどんどん下がっていった結果、解体同然の費用でしか買取ってもらえない時代でした。
しかし、1980年代後半頃から漫画や雑誌の影響によって、Z2の価値が急上昇し始めて、価格が下がっていた時代であれば20万程度で売られていた車両が、80万円くらいにまで価格上昇をしていきました。
そんな中、専門家たちは「今買わなければ、さらに値が上がる」と言い、市場を煽っていました。
そして、海外から輸入することでしか手に入れることができなかったZ1が日本国内でも手に入れることができるようになった頃、非常にコンディションの良いZ1が手に入れることができるからと、Z2を所有していた人達がこぞってZ1に乗り換えていきました。
ただ、日本国内にZ1が多数残存していたこともあって、その希少性は日本国内でしか販売されていなかったZ2に移っていくようになり、価値が逆転するようになります。
1990年代後半からは、完全にZ1よりもZ2の価格の方が上がっており、プレミアがついた状態になって今日に至ります。
今でもコレクターや転売目的の人達によって、数々のZ2が取引されていっており、メディアも注目していたことから、ブームに乗せてメディアからの露出も増えて、価格は上がっていっています。
ここまで、Z2の価値やこれまでの経緯を紹介させていただきましたが、これほどまでにZ2というバイクは希少性の高いバイクであり、人気のある車両になります。
他のバイクでは真似できない価値があり、国内外でも人気が衰えないままの状態で現在まで来ております。
新車価格からすると、現在の買取り価格は1.5倍程度にまで上がっており、十分に資産価値がある存在ですが、古くなっていけば行くほどにメンテナンスに時間もお金もかかるようになっていきます。
泣く泣く手放さなくてはいけなくなったりする方もいらっしゃると思いますが、買取をしてもらうなら高い査定額を出したところに買取ってもらいたいと思うのが本音でしょう。
バイクブーンだからこそ、皆様に寄り添って期待に応えることができます。
自社工場を完備していますので、修理をしていくことも可能となっています。
Z2という日本の宝を私たちは、後世に残していけるようにお手伝いをさせていただきたいのです。
オリジナルの状態でも、カスタマイズされた状態でも、ずっと続いていくZ2の歴史をこれからも守れるように、よりよい状態にして、皆様に届けたいという思いがあります。
そのためには、大切に思っている愛車を買い取る金額に妥協はありません。
皆様が納得して、そして笑顔でお売りいただけるように、尽力していきます。
是非、1度バイクブーンにお問い合わせください。
無料査定スタート

直近のカワサキ Z750RS 初期ロッドの買取実績

無料査定スタート

ここまで読んで頂き、ありがとうございます。
少しでも弊社にご興味のある方はお気軽にお問い合わせ下さい。

0120-20-1818お電話でのお申し込み 通話無料(携帯 PHS OK)

keyboard_arrow_up