スズキ GT380高額査定実施中

スズキ GT380なら専門買取のバイクブーンまでお任せください

バイク買取 バイクブーン

SUZUKI GT380

お客様のバイク情報

メーカー
スズキ
排気量
251-400cc
車種
GT380

お客様の買取査定額

最高価格
860,000
平均価格
750,000
chevron_right1分入力!高額査定お問合せ chevron_rightカンタン!LINEお問い合わせ

chevron_rightスズキ関連の買取金額一覧はこちら
youtube

GT380mの人気が高い理由

1972年、空冷2ストローク直列3気筒エンジンを搭載した4本出しマフラーのロードスポーツモデルのGT380が登場しました。
スペックは、最高出力38馬力、最大トルク3.8kgm、軸間距離1380mmで、価格は38万という、愛称でもある“サンパチ”尽くしです。
先に登場したGT750では、2スト3気筒で直列配置することで中央シリンダーが弱点となることを考慮して、水冷方式が採用されたことに対し、空冷のGT380は、シリンダーヘッド付近の空気流れを速くすることで、外気導入装置である独自のラムエアシステムを採用していることで冷却効果が高めています。
KAWASAKIのマッハやKHシリーズと比べると、エンジンは低回転域のトルクも太く、排気煙は少なめ、当時の400ccクラスの中では車体も大きくバランスの良く、オフロードの走破力もある優秀なバイクです。
残念ながらオイルショックなどの時代の流れにより、GS400など後継車種は4ストロークエンジンが主流になっていき、GT380 B7型を最後にGTシリーズの幕を閉じましたが、長期に渡って人気のある車種です。
現在も尚、当時を知る旧車好きからや旧車會・暴走族の間で改造車種として人気が高い車種になります。

オンライン自動査定はこちら

オンライン自動査定はこちら

GT380のカスタム車両の買取が高い

昔ながらの2ストバイクとして、そしてスタイリングから今でも絶大な人気を誇るGT380は、旧車會や暴走族でもセンスの光るバイクとして見られています。
そのため、カスタムしているGT380はレトロバイクの特徴を生かしたカスタムよりも、一目を惹くカスタムが主流となっており、そのカスタムはやはりお金が掛かっているものが多くあります。
ハイスロを組んでいたり、いかにレスポンス良くエンジンが回転できるのか、そしていい音が出せるのかという部分を突き詰めてカスタムされているので、エンジン内部にまで手を加えている人もいるほどです。
カスタムされているGT380は、カスタムパーツがなかなか手に入らなかったり、手に入ったとしても普通よりも割高なパーツが多く、その分だけカスタムされている車両は価値の高いものであるとも言えます。
カスタムパーツの高額さを受けて、バイクブーンでは車両の価値に加えてカスタムパーツも含めた買取査定を行っており、カスタムしている車両の方を高く買取してきた実績があります。
カスタムしているGT380を手放すなら、バイクブーンへご連絡ください。
GT380買取漫画
GT380
プラス高額査定実施中

バイクブーンの専門買取結果をご覧ください!

公式ユーチューブ ありがとうチャンネルはこちら

関連バイク買取情報

GT380は不動車でも買取

年数が経ってきてしまっているので、どこかしらの不具合が出てきてしまうのは仕方ありません。
しかし、不具合をそのままにしていたり、直しても次から次へとトラブルが発生してしまって、直しようがないということもあるでしょう。
そのまま動かなくなってしまったGT380が家の倉庫や車庫の中に眠ったままになっているケースも多くあり、直すとしても修理費用や手間を考えると、なかなか重い腰が上がらないというのがこれまで聞いてきた話の中にはありました。
そして、よく言われているのが動かないバイクは買取できないでしょ?と聞かれることがあります。
他社では不動車の買取を拒否しているところもあるようですが、バイクブーンでは不動車でも買取をさせていただいています。
GT380のような旧車であればなおさら買取をさせていただいていますので、不動車のGT380があるのであればバイクブーンへお気軽にお問い合わせください。
無料査定スタート

直近のスズキ GT380の買取実績

スズキ GT380画像

2.6万キロ 車検あり 改造多数
Wディスク化 ハンドル絞りあり
Rサス:オーリンズ
フロントショック:ホワイトパワー
シート:3段シート ノーマルあり
2-3か月不動、事故履歴あり

買取の際にGS400の外装部品もあり、合わせて査定をしました。
GS外装部品買取価格65,000円

神奈川のお客様で、暴走族仕様になっていたので、買取価格に不安があったということでしたが
GT380のカスタムについては、暴走族仕様がかなり多いということをお伝えして、査定金額をご案内しました、他社よりも少し高かったとの事で買取をさせていただきました。

GT380
販売初年は1972年、空冷2ストローク直列3気筒エンジンを搭載している
空冷直列3気筒では中央シリンダーの冷却が不利になるため、
シリンダーヘッドに角張った空気導入ケースを取り付け
強制的にエンジン中央に外気導入する独自のラムエアシステム[要出典]を採用
冷却効果を高めている。
この外観から「サンパチ」という愛称のほか「弁当箱」とも呼ばれていた
3気筒なのに4本出しのマフラー、数字あわせをしたとしか思えないスペック
最高出力38馬力、最大トルク3.8kgm、軸間距離1380mmと38を多用

当時の開発、営業現場のおおらかさが伺える。
当時350ccが主流のこのクラスにおける380cc(371cc)
という一見中途半端な排気量は、
2気筒のGT250のエンジンに1気筒追加して3気筒とした開発経緯に由来する。

走る電気モーターと呼ばれるほどのスムーズさを誇った。
ゼロヨンの実測14〜15秒台、168〜176km/hをマーク。



前期型

GT380  フレームNo.GT380-10001〜 初期型だけBが入らない
価格:24万5000円
発売時期:1971年12月
色:赤、青、緑
走る電気モーターと呼ばれるほどのスムーズさを誇った
ゼロヨンの実測14〜15秒台、168〜176km/hをマーク。


GT380(B) フレームNo.GT380B-10001〜
価格:26万円
発売時期:1972年4月
色:赤、青、緑
ドラムでは50km/hまでは効くものの80km/h以上では制動力の不足がみられたため、新たにGT380BことGT380ディスクが追加された。
車重は183kgと変わらず、15L入りタンク等も同じで、フロントまわりを一新。車体番号は10001から打刻される。


GT380(B2) フレームNo.GT380B-12652〜
価格:26万円
発売時期:1973年6月
色:銀、青、緑
ライトを丸型に、タンクのラインを変更したB2。ウィンカーの取り付け幅を変更し、パッシングライトを新採用。
3速の減速比も1.157から1.005とローギヤード化されている。
また輸出用の車重は171kgと乾燥重量表記となっていた。初期エンジンの最終型。

後期型

GT380(B3) フレームNo.GT380B-15057〜
価格:28万円
発売時期:1973年12月
色:銀、茶、緑
GTのラインナップが185と125まで拡大し、74年全車のデザイン統一が行われた。
この時強制開閉式キャブに変更したほか、ギヤインジケーター、グラブバーなど使い勝手を向上させる大幅なマイナーチェンジを実施。
フォークブーツも廃止、サイドカバーも変更。


GT380(B4) フレームNo.GT380B-17182〜
価格:30万円
発売時期:1974年8月
色:赤、緑
ライバルに400ccが増えたための対策にスポーティなレッドカラーにゴールドストライプを与えられたB4。
タンクロゴを変更したほか、リヤショックの上部カバーも短いものになった。
リヤフラッシャーのリフレクターも法規改正で赤色となる。


GT380(B5) フレームNo.GT380B-20610〜
価格:30万円
発売時期:1976年1月
色:深緑、緑
ミドルクラスの正統派のキャッチフレーズで登場したのがB5。
ドイツの黒い森にちなんだ渋めのフォレストグリーンメタリックが新たに加わった。
フロントフェンダーブレースが1本になり、ハンドルグリップがソフトなものに。
価格は据え置きだ。


GT380(B6) フレームNo.GT380B-24831〜(但し、B6,B7用パーツリストには25034〜とある)
価格:31万円
発売時期:1977年2月
色:赤、緑
4サイクルのGS400がデビューしたが、アメリカでは55マイル=88km/h規制で最も快適と評価が高く輸出が続けられ、
欧州でも高い評価を得た。国内ではメーター表示を200km/hから180km/hに。
GSと共通のフラッシャー&テールランプ付きでイメージを一新。



GT380(B7) フレームNO.GT380B-29653〜
価格:31万円
発売時期:78年4月
色:赤、緑
250のRG系ストライプになり、フロントフェンダーもGSのステーなしと
ますますパーツの共用化がすすんだB7。ヘッドランプボディがメッキ仕上げに変更されている。
車体色はレッドとグリーン系が揃えられ、78年まで新車としてリリースされた。
当時のライバル車だったカワサキマッハシリーズとKHシリーズと比較して、
エンジンは低回転域のトルクも太く、排気煙も比較的少なめだった。車体バランスが良い事に加え、
2ストローク3気筒らしいスムーズな特性を実現(120度クランクは同一排気量4ストロークの6気筒エンジンに相当し、
動作中はいずれかのシリンダーが必ず爆発状態となる)。オフロードの走破性も高く川の浅瀬も走れる程の非常に乗りやすい。時
代の流れで4ストロークエンジンが主流になる中、GT380B7型を最後にGTシリーズは幕を閉じることとなったが、長く人気を保った車種である。
現在でも旧車愛好家の間での人気が有る、程度の良い物なら86万の買取実績も有る。
無料査定スタート

ここまで読んで頂き、ありがとうございます。
少しでも弊社にご興味のある方はお気軽にお問い合わせ下さい。

0120-20-1818お電話でのお申し込み 通話無料(携帯 PHS OK)

keyboard_arrow_up