ホンダ CBR1100XX スーパーブラックバード高額査定実施中

ホンダ CBR1100XX スーパーブラックバードなら専門買取のバイクブーンまでお任せください

バイク買取 バイクブーン

お客様のバイク情報

メーカー
ホンダ
排気量
751cc以上
車種
CBR1100XX スーパーブラックバード

お客様の買取査定額

最高価格
520,000
平均価格
350,000
chevron_right1分入力!高額査定お問合せ chevron_rightカンタン!LINEお問い合わせ

chevron_rightホンダ関連の買取金額一覧はこちら
youtube

ブラックバード(CBR1100XX)の買取の実績や相場

カワサキのGPZ900Rから、世界最速の名を奪うためにホンダが開発したのがこのCBR1100XX(スーパーブラックバード)です。
当時としては異例の164psを発揮するエンジンが搭載されており、名前にもなっている「スーパーブラックバード」は、世界最速の航空機である「SR-71」の愛称「ブラックバード」から取られています。
世界最速になるために、エンジンの開発もですが高速域での安定感、空力的な問題も解決するためにカウリングまでも新たに開発され、世界最高性能を持つ市販車です。
販売が1996年に開始されてから、1999年にスズキのGSX1300ハヤブサが登場するまでは世界最速となっていましたが、実測値で300km/hを超えることができませんでした。
ホンダの技術の集大成となっているバイクであり、今でも人気のあるバイクです。
バイクブーンでは、これまでに買取を行ったCBR1100XX(スーパーブラックバード)で、最高買取金額は520,000円となっており、年数が経ってきてはいるものの、高く買取を行っておりますので、手放すときにはバイクブーンへご連絡ください。

オンライン自動査定はこちら

オンライン自動査定はこちら

ブラックバード(CBR1100XX)の主なカスタム内容

フルカウルのバイクとして、スポーツ仕様のバイクで見られがちですが、ワインディングやサーキットを走るよりもゆったりとしたツーリングに使われることの方が多く、大きな車体で、風を体に受けないように設計されているカウルなどによって、高速走行も楽々することができます。
そのため、リアキャリアを追加してトップケースを取り付けたり、収納を増やすカスタムをしている人が多く見受けられます。
その他にもハンドルをセパレートハンドルから、バーハンドルに変更して楽なライディングポジションが取れるようにしていたりすることもあり、ツーリングを主に行う人達から人気のカスタムになります。
長時間の前傾姿勢は、年齢を重ねていくと辛いものがありますから、上体が起きている体勢で走行できるようにするのも、カスタムの一つになります。
どんなカスタムをしていたとしても、そのカスタムされているCBR1100XX(スーパーブラックバード)の価値は下がることはありません。
むしろ、カスタムをしているからこそ買取金額は上がりますし、バイクブーンでは高額買取にも繋がりやすくなります。

バイクブーンの専門買取結果をご覧ください!

公式ユーチューブ ありがとうチャンネルはこちら

関連バイク買取情報

ブラックバード(CBR1100XX)のちょっとした情報

1996年から販売されてきたCBR1100XX(スーパーブラックバード)ですが、初代と2代目で燃料供給方式が変わっているのはご存知でしょうか?
1999年に登場した2代目は、インジェクション化されており、より的確な制御をすることができるようになりました。
しかし、インジェクション化することによって、キャブレターのときのような低速ギアで切り替わるVtechのような強烈な加速力がなくなり、マイルドな乗り味に変わっていっています。
ですが、インジェクション化することによる恩恵は非常に大きく、スムーズな回転や加速、パワーバンドにきっちりとハマること、フィーリングの向上など、評価されるところが多く、初代よりも2代目の方が人気が高くなっています。
CBR1100XX(スーパーブラックバード)に乗っているオーナーは今でも多く、ツーリングからワインディングまで幅広く乗りこなすことができるマシンを、堪能してみたい人も多いのではないでしょうか。
無料査定スタート

直近のホンダ CBR1100XX スーパーブラックバードの買取実績

ホンダ CBR1100XX スーパーブラックバード画像

車種:CBR1100XXブラックバード  車両詳細:中古車購入 現金 後期インジェクションモデル 31000k 黒 車検31年2月 ハンドル Rフェンダー改ノーマル無し 立ちごけの為に傷が有ります。
10年間大切に乗られてきた車両ということもあり、外装・エンジン・足回りにいたるまで非常にメンテナンスの行き届いている車両でした。
現在国内で発売されているバイクのほとんどがインジェクション方式ですが、エンジンフィーリングに拘る方の中には「あえてキャブ車を選ぶ」お客様も多くいらっしゃいます(今回のお客様もそうでした)。
ハーレーなど一部の車両は同じモデルでもキャブレターモデルの方が、高値で買取できる場合もございますので、ぜひ一度ご相談いただければと思います。



HONDA CBR1100XX SuperBlackbird(スーパーブラックバード)
CBR1000Fのフルモデルチェンジとして、
1996年、初代CBR1100XX スーパーブラックバードが登場しました。
このスーパーブラックバードの由来は、
世界最速のアメリカ空軍の偵察機「SR-71」の愛称から来ており、
CBRシリーズの中のフラッグシップとして扱われました。
2軸バランサーを採用した新設計の1137cc水冷直列4気筒エンジンは、
当時、世界最高の164psを達成しました。
開発当時のライバルKAWASAKI ZZR1100よりも
高速性能に優れていましたが、
最高速度は実測で300km/hにわずかに及びませんでした。
発売当初、世界最速の名を欲しいがままでしたが、
SUZUKI GSX1300RハヤブサKAWASAKI Ninja ZX-12Rの登場で
世界最速の座は譲ることとなりました。
とは言え、ホンダで数々の名車を生み出した、
技術者の山中勲さんが最後に開発したオートバイで
「これまでのすべてをつぎ込んだ集大成」というほどなので
魅力的で人気のあるオートバイなのです。


今回買取を行った車両は、1997年式のワンオーナーモデルになります。
年式ながら、走行距離は約5,000kmととても綺麗な状態です。
ご売却頂きありがとうございました!!

バイクブーンでは、CBR1100XXスーパーブラックバードの
買取を行っており、2017年の買取上限相場価格は520,000円です。
買取専門のスタッフが適正価格で査定しております。
CBR1100XX スーパーブラックバードの査定をお考えのお客様は
お気軽にバイクブーンまでお問合せください。

車両データ
平均燃費: 21.0km/L(定地走行 60km/h)
型式 水冷4ストロークDOHC4バルブ4気筒
エンジン型式 SC42E
総排気量 1137cc
圧縮比 11.0
内径 79.0mm
行程  58.0mm
燃料供給装置  インジェクション
キャブレター形式 電子燃料噴射式(PGM-FI)
点火方式  フルトランジスタ式バッテリー点火
始動形式 セルフ式
エンジンオイル容量 -
燃料タンク容量 24L
無料査定スタート

ここまで読んで頂き、ありがとうございます。
少しでも弊社にご興味のある方はお気軽にお問い合わせ下さい。

0120-20-1818お電話でのお申し込み 通話無料(携帯 PHS OK)

keyboard_arrow_up