BMWバイク買取強化のためイベントで学習しています。

BMWイベント1

引用先:https://response.jp/

BMWのバイク買取を強化するために、会社の方からBMWのイベントに潜入してバイクのことを知ってこーい!と言われてBMWのバイクイベントに参加してきました!

ただ、イベントに参加してバイクのことを知るとしても、どうやって買取などに繋げていこうかと思っていたのですが、なんのなんの!ただただ、楽しんでしまいました。

BMW  motorrad days JAPAN 2019が9月7~8日にあったのですが、今回で16回目となったそうです。

2日間にわたってBMWの魅力溢れるバイクを見たり乗ったりしながら、様々な催しにも参加することができました!

BMWのバイクが集っての大規模なイベントはこれしかない!

長野県白馬村のHakuba47マウンテンスポーツパークで開催された「BMW motarrad days JAPAN 2019」は、BMWの本国でもあるドイツでも同じ名前のイベントが毎年7月に行われているようです。

ドイツでのBMWイベントでは、本拠地ということもあって世界各国からの参加もあり、4万人を超える人々が集まるような祭典になっています。

日本で開催された今回のイベントは、日本全国から5932人のBMWファンが集まり、白馬村を大いに沸かせていました。

引用先:https://response.jp/

そんな大規模なイベントの中でも、参加者が自らのバイクに跨って走ることができるライダーパレードがあったり、デモンストレーションとして大興奮のドラッグレースは会場の熱気をさらに加速させるものとなっていました。

引用先:https://response.jp/

また、Hakuba47マウンテンパーク内には急坂が設置してあり、そこを駆け上がるヒルクライムコンテストも行われており、BMWのF650GSやF700GSなどが参加していました。

どうしてもヒルクライムは角度のきつい傾斜となっていますので、転倒者が続出していましたが、それでも愛車を使って上手く頂上まで駆け上がることができた人もいましたし、盛り上がりも上々でした。

BMWイベントに行くのに他メーカーで行くのは恥ずかしい・・・

さて、イベントの話の最中ではあるのですが、私が乗っているバイクでそのまま行くと、BMWではないということから浮いてしまいますし、参加することができない催しが出てきたりして取材になりません。

ということで、ちょうど今乗っているカワサキのZZR1100を手放してからBMWのバイクを購入してみようと思いました。

すぐに手放したいというのと、すぐに購入したい気持ちがあるため、バイクブーンであればすぐに買取に行きますし、自分でカスタムしていてもカスタム車両に偏見も査定額が下がることもなく対応することができます。

そして、肝心の新しいBMWのバイクなのですが、さすがに新車を買っていては間に合わなくなってしまいますので、中古を探すことにしました。

中古バイクはどのお店にしようかと思っていると、すぐに手配をしてくれて、なおかつ程度の良いバイクが良心的な価格で販売されているお店「ナガツマ」を見つけました。

買取と販売を行っているため、販売価格が安くできるということでもあり、BMWG310Rを購入することにしました。

まだ販売されて間がないバイクですし、人気の車両なので手放すときにも値が落ちないだろうと見越してのことです。

ひとまず、新たなバイクを手に入れて、いよいよBMWのイベントに向かう準備が整いました。

BMWのバイクはジャンル毎に魅力が満点!

BMWの代表的なバイクは何になるのか?と聞かれると、今では一般的に「S1000RR」と答える人が多いのではないでしょうか?

実際に、パレードランを行っているバイクでもS1000RRは多かったですし、つい最近新型が出たばかりということもあって注目のバイクになるでしょう。

引用先:https://response.jp/

また、参加者の中にはロングツーリングで遠方からやってきている人もいたりして、どんなバイクに乗っているのかというと、K1600シリーズのバイクだったり、RnineTに乗っている人も見かけることができました。

そして、ライディングゾーンではライディングスキルを磨いてきた人達が挑戦することができる「ジムカーナ」のタイムアタックもありました。

このタイムアタックは、ただのジムカーナではなくて、ジムカーナを行ったあとにピザの早食いをするタイムまでを競うものとなっており、非常に面白い内容となっていました。

ジムカーナでは、Fシリーズに乗っている方を多く見かけることになりました。

BMWのバイクは歴代のシリーズとなっているものが豊富にラインナップされている!

引用先:https://response.jp/

このBMWのイベントに参加して感じることは、どのバイクも歴代のシリーズと繋がっているということでした。

FシリーズやRシリーズなどから様々なバイクが現在まで続いています。

BMWという日本国内からすれば外国車になるバイクであったとしても、水平対向エンジンを搭載した独特なサウンドやスタイルは変わることなく伝統として続いていますし、国産車では感じることのできないフィーリングなどは一種の感動を覚えるものですらあります。

実際、今回初めてBMWのバイクとしてG310Rに乗ってみた感想としては、国産車にはない優越感を感じることができました。

それは、エンジンのサウンドやフィーリング、ハンドリングやライディングに関することだけではなく、所有欲を満たしてくれる満足感のようなものでもあったように思います。

BMWというだけで、ネームバリューを感じて高級感を求めて乗る人もいるかもしれませんが、決して間違いではありませんし、むしろBMWに乗ることができるというのもステータスのようなものと思えてきます。

こういった感動などを感じることができるのは、BMWがこれまでの歴代バイクをどれだけ深く作りこんできたのか、そして伝統を守りながら新しい技術を取り込んできたのかがわかるからこそでしょう。

このイベントの中では、S1000RRのエンジン解体ショーも行われていましたが、こうしたエンジン内部を見る機会はそうそうありませんし、スーパースポーツのS1000RRであれば、よりBMWの技術を感じることができるのではないでしょうか。

BMWだからこそバイクブーンでは高額買取を実施中!

引用先:https://response.jp/

このイベントを通じて、BMWのバイクの奥深さを感じることができ、そしてBMWのファンに身近に触れたことによって趣味趣向や、人気の車両についても勉強することができました。

ノーマルの状態のBMWのバイクであったとしても、もちろん高額買取をさせていただいていますが、独自のカスタムが施されている車両も多くいることから、カスタム車両の買い取りも強化していかなければならないとも感じました。

特に、レトロバイクをカスタムしている車両については、じっくりと査定をさせていただいて、お客様にも納得していただける金額を提示することができるでしょう。

また、スーパースポーツのS1000RRや様々なジャンルのRnineTについても、ノーマルからカスタムまで人気の車両になりますので、高額買取をしていきます。

BMWにしかない魅力を感じることができたからこそ、今BMWのバイクに乗られている方が手放すときに、一緒に思い出を共有することができるでしょうし、力になることもできると私は考えます。

BMWのイベントがこれから先も開催されていくように、新たなバイクも登場していきますので、今後も注目しながら対応していきます。

スロットゲーム

お問い合わせ

keyboard_arrow_up