カワサキ ZX-10R高額査定実施中

カワサキ ZX-10Rなら専門買取のバイクブーンまでお任せください

バイク買取 バイクブーン


KAWASAKI Ninja ZX-10R

お客様のバイク情報

メーカー
カワサキ
排気量
751cc以上
車種
ZX-10R

お客様の買取査定額

最高価格
1,550,000
平均価格
1,450,000
chevron_right1分入力!高額査定お問合せ
chevron_rightカワサキ関連の買取金額一覧はこちら
youtube

KAWASAKI Ninja ZX-10R

2004年にカワサキの1000ccクラスのスーパースポーツモデルであったZX-9Rの後継として発表されたのがZX-10Rになります。
2006年にはすでにフルモデルチェンジが行われました。
エンジンやフレーム剛性バランス、キャスター角の見直しやそれに伴うスイングアームの短縮した結果、
1395mmとリッターSSらしくないほどのショートホイールベース、
他にも新形状のブレーキマスターシリンダーや左右センターアップマフラーやプロジェクターヘッドライトの採用がされました。
2008年にはさらなるモデルチェンジとし、エンジンは188馬力となり、外装も大幅に変更。
センターアップマフラーは廃止され、フロントミラーステー部分にウインカーを装備。
ホイールベースの延長を1395mmから1415mmになりました。
左右のステアリングスイッチ部分にストップウォッチ機能を装備した為、
ハザードランプスイッチは装備されない等の変更がされました。
モデルチェンジは2年周期で行われておりましたが、不況の影響やレースで勝てるマシンにすることを目的として
開発期間を延長し、2010年と続く予定を1年遅らせた2011年に完全新設計のフルモデルチェンジとが行われました。
伝統である車体構成上の特徴だったバックボーンフレーム、
クラッチ軸を低く配置したエンジンは改められ、フレームはツインチューブフレームに変更。
エンジンのクラッチ軸も他社の競合車両同様の高い位置に。
車体構成の独自性は薄れてしまいましたが、開発目的の一つであったレースで勝つことを優先しての変更されました。
従来よりもエンジンの特性は高回転となりアクセルをより開けやすくするため、
中低回転域の余剰なトルクはカットされ、直線的なトルクカーブになっている。
最高出力は同クラス車両初となるラムエア過給なしで200馬力以上。
2012年モデルはカウルのサイドのロゴが“Ninja”から“ZX-10R”になり、カラーデザインも変更されました。
2013年モデルのマイナーチェンジではステアリングダンパーを電子制御式に変更されました。
2015年には2度目のモデルチェンジとなりました。
エンジンは欧州のEURO4排出ガス規制移行に合わせて刷新され、
車体も先代のデザインを維持しながら手直しされフロントサスペンションはバランスフリーフロントフォークを装備されました。
同年の12月には、日本国内向けの競技向け車両としてレース専用のモデルも発売された。
車体は日本国外向け仕様とほぼ同一だが、ABSと保安部品は装着されていません。
多くのレースで競い合わされるクラスであり、HONDACBR1000RRファイヤーブレードや、
YAMAHAYZF-R1、その他にもSUZUKIGSX-R1000など、
世界にもドゥカティ1299パニガーレやBMWS1000RRがライバル車として挙げられています。
ロード世界選手権MotoGPのファクトリーマシンからメーカーが技術をフィードバックしている事も多くある中、
カワサキが参戦したのは5年という短期間でMotoGPマシンから得る技術はほぼ無く、
カワサキは本気でクラス至上最強を狙って独自開発を行ったことやワールドスーパーバイク選手権の参戦で、
現在のZX-10Rはどのモデルにも負けず劣らずなパフォーマンスを持ったバイクとして、
現在でも変わらず根強い人気のあるオートバイになります。

オンライン自動査定はこちら

オンライン自動査定はこちら

ZX-10Rの高額査定はお任せください

バイクブーンでは、走行距離が多いながらメンテナンスをしっかりと行っているような
綺麗な状態の車両の買取実績が特に多くあります。
高年式や、走行距離が少ない方が高価買取になりやすいポイントに越したことはありませんが、
高い人気を誇っているZX-10Rは、走行距離が多くても外装等のメンテンナンスを行っていたりすると
比較的買取金額が下がりにくいケースも多くある車両です。
他にも、事故や災害による傷等の目立つ車両や、不動車などの場合や
他社に見積もってもらったけどもう少し…なんてお悩みの場合でもご相談ください。

バイクブーンの専門買取結果をご覧ください!

公式ユーチューブ ありがとうチャンネルはこちら

関連バイク買取情報

無料査定スタート

直近のカワサキ ZX-10Rの買取実績



KAWASAKI Ninja ZX-10R(ニンジャ ゼットエックステンアール)
2004年にカワサキの1000ccクラスのスーパースポーツモデルであった、
ZX-9Rの後継として発表されたのが、ZX-10Rになります。

2006年にはフルモデルチェンジが行われました。
エンジンやフレーム剛性バランス、キャスター角の見直しや
それに伴うスイングアームの短縮した結果、
1395mmとリッターSSらしくないほどのショートホイールベース。
他にも新形状のブレーキマスターシリンダーや
左右センターアップマフラーや
プロジェクターヘッドライトの採用がされました。

2008年にはさらなるモデルチェンジとし、
エンジンは188馬力となり、外装も大幅に変更。
センターアップマフラーは廃止され、
フロントミラーステー部分にウインカーを装備。
ホイールベースの延長を1395mmから1415mm。
左右のステアリングスイッチ部分にストップウォッチ機能を装備したため、
ハザードランプスイッチは装備されない等の変更がされました。

モデルチェンジは2年周期で行われておりましたが、
不況の影響、レースで勝てるマシンにすることを目的として開発期間を延長し、
2010年の予定だった1年遅れの2011年に
完全新設計のフルモデルチェンジとが行われました。
伝統であり車体構成上の特徴だったバックボーンフレーム、
クラッチ軸を低く配置したエンジンは改められ、
フレームはツインチューブフレームに変更。
エンジンのクラッチ軸も他社の競合車両同様の高い位置に。
車体構成の独自性は薄れてしまいましたが、
開発目的の一つであったレースで勝つことを優先しての変更されました。
従来よりもエンジンの特性は高回転となり、
アクセルをより開けやすくするため中低回転域の余剰なトルクはカットされ、
直線的なトルクカーブになっている。
最高出力は同クラス車両初となるラムエア過給なしで200馬力以上

2012年モデルはカウルのサイドのロゴが“Ninja”から“ZX-10R”になり、
カラーデザインも変更されました。
2013年モデルのマイナーチェンジではステアリングダンパーを電子制御式に変更されました。

2015年には2度目のモデルチェンジとなりました。
エンジンは欧州のEURO4排出ガス規制移行に合わせて刷新され、
車体も先代のデザインを維持しながら手直しされ、
フロントサスペンションはバランスフリーフロントフォークを装備されました。
同年の12月には、日本国内向けの競技向け車両として
レース専用のモデルも発売された。
車体は日本国外向け仕様とほぼ同一だが、ABSと保安部品は装着されていません。

多くのレースで競い合わされるクラスであり、
HONDACBR1000RRファイヤーブレード
YAMAHAYZF-R1、その他にもSUZUKIGSX-R1000など
世界にもドゥカティ1299パニガーレやBMWS1000RR
ライバル車として挙げられています。
ロード世界選手権MotoGPのファクトリーマシンから
メーカーが技術をフィードバックしている事も多くある中、
カワサキが参戦したのは5年という短期間でMotoGPマシンから得る技術はほぼ無く、
カワサキは本気でクラス至上最強を狙って独自開発を行ったことや
ワールドスーパーバイク選手権の参戦で、現在のZX-10Rは
どのモデルにも負けず劣らずなパフォーマンスを持ったバイクになります。
現在でも変わらず根強い人気のある車両になります。

バイクブーンでは、KAWASAKI Ninja ZX-10Rの買取を実施しております。
2017年の買取上限相場価格は1,550,000円です。
車両の知識はもちろん、パーツの知識も豊富にある買取スタッフが
適正買取価格を査しっかりと査定しております。
KAWASAKI Ninja ZX-10Rの査定をお考えのお客様は
お気軽にバイクブーンへご相談ください。

無料査定スタート

ここまで読んで頂き、ありがとうございます。
少しでも弊社にご興味のある方はお気軽にお問い合わせ下さい。

0120-20-1818お電話でのお申し込み 通話無料(携帯 PHS OK)