ヤマハ-YAMAHA FZR600高額査定実施中

ヤマハ-YAMAHA FZR600なら専門買取のバイクブーンまでお任せください

バイク買取 バイクブーン

お客様のバイク情報

メーカー
ヤマハ-YAMAHA
排気量
401-750cc
車種
FZR600

お客様の買取査定額

最高価格
330,000
平均価格
220,000
chevron_right1分入力!高額査定お問合せ
chevron_rightヤマハ-YAMAHA関連の買取金額一覧はこちら
youtube

FZR600の買取が高い理由

先代のFZ600と同様に、日本国内では販売されていなかったとして、海外から輸入をしなければならなく、少し敷居の高いのがこの「FZR600」です。
レーサーレプリカとしてのスタイリングをしていますが、他のFZR1000だとかFZR750に比べると乗りやすくなっており、それに加えてFZR1000やFZR750の方がレーサーレプリカにより近いものとなっていたために、あまり知られることがなかった車両です。
そのため、日本国内では数が少なく見かけることも少ないのですが、今のヤマハYZFシリーズの礎となったバイクですから、原点を探りたいと思っている人も少なくありません。
数が少ないにも関わらず、乗りたい、所有したい人がいるということは、それだけ手に入りづらくなっているということでもあり、その分買取価格を高くして、バイクブーンでは査定をさせていただいていますので、FZR600を所有しているレアな人で、これから手放そうと考えているのであれば、是非バイクブーンへご連絡ください。

オンライン自動査定はこちら

オンライン自動査定はこちら

FZR600の輝けるスペックや歴史

FZR600のフレームには「DELTABOX」と書いてあるシールが貼ってあったり、シートカウルには「GENESIS」と入っており、デルタボックスというのは、フレームのことを差しています。
デルタボックスフレームの使用し、そのフレームの中にはジェネシス思想のカタマリとも言える前傾したエンジンレイアウトがあり、シリンダーを大きく前傾させることによって、吸気の通路をできる限りストレートな構造にすることで出力のアップを図っています。
また、FZR1000などと同様に、ブレーキやマフラーが改良されていますので、マフラーカバーがステンレスになっていたり、メーターが3連になっているなど、乗っても見ても楽しい仕上がりになっています。
そして、このFZR600はFZRシリーズの中で一番長く販売され続けたバイクであり、1989年から1999年まで販売されていた歴史もあります。
日本国内では見ることが少ないバイクではあるものの、世界的に見ればまだまだ乗ることのできるバイクでもあり、ヤマハのレーシングマシンと一般オートバイの狭間に位置するバイクでもあります。

バイクブーンの専門買取結果をご覧ください!

公式ユーチューブ ありがとうチャンネルはこちら

関連バイク買取情報

FZR600は不動車でも買取

1999年に世界からも販売を終了したFZR600ですが、レーサーレプリカとしての姿をそのままに、カウルが綺麗な状態で残っていることはまず稀な状況でしょう。
中には綺麗な状態で残っている車両もあるのでしょうが、年数も経ってきていますので経年劣化によってどうしても腐食が進んでしまったり、見た目の劣化が起きてしまうのは仕方のないことです。
ただ、年数が経つということは外装部分の劣化だけでなく内燃機関やホース、シール類の劣化も出てきてしまいますので、その結果バイクが動かなくなってしまうこともあります。
そのままFZR600が動かなくなってしまったまま、倉庫に放置している状態になっていると動かないままでずっと眠ってしまいます。
どうしても劣化による症状などによって不動車になることはありますので、そこから動かないからと廃車にしてしまう前にバイクブーンへご連絡ください。
動かなくなってしまった愛車をバイクブーンは、買取いたしますので是非お問い合わせください。
無料査定スタート
無料査定スタート

ここまで読んで頂き、ありがとうございます。
少しでも弊社にご興味のある方はお気軽にお問い合わせ下さい。

0120-20-1818お電話でのお申し込み 通話無料(携帯 PHS OK)