KTMのバイク

【KTMの買取査定額】車種別買取相場と高価買取してもらうためのポイント

KYMはバイクメーカーの中でも最も勢いがある海外のバイクメーカーです。「カワサキと言えばライムグリーン!」と言われるように、KTMと言うと、オレンジのカウルやホイールがトレードマークとなっています。

KTMは明るいオレンジのカラーリングが中心ですので、街中で見かけたことがある人もたくさんいるのではないでしょうか?

昔はKTMと言えば2ストロークのオフロードバイクが主流でしたが、企業自体が近年急激に成長し始め、オフロードベースのモタードやスーパースポーツ、ストリートファイターなど、他ジャンルに進出しています。

最近はロードモデルの「DUKEシリーズ」がラインナップに加わり、国内でも非常に高い人気があります。

特に250ccバイクは国内だけでなく、アジア全体でも活気付いているクラスですので、どんどんDUKEシリーズの需要が高まってきているのも事実です。

そこで本記事では、スタイリングも独特で、価格も非常にリーズナブルなKTMの人気バイクの買取相場や高価買取してもらうためのポイントをご紹介します。

 

KTMはオフロードバイクの名門でもあるオレンジが特徴的なメーカー

KTM

まずはKTMのバイクについてご紹介します。KTMはオーストラリアのメーカーで、元々はオフロードバイクの専門メーカーでした。

モトクロスやダカールラリーなどで優秀な成績を収めていたため、オフロードバイカーには古くから知られているものの、スポーツバイク志向の人からはあまり知られていませんでした。

しかし2003年から、MOTO-GPのGP125クラスに参戦しはじめ、本格的にオンロードモデルの開発に着手し始めます。

そしてインドのバイクメーカー「バジャージ・オート」が筆頭株主になったことで、次々とオンロードモデルを販売することになるのです。

ちなみにKTMの名前の由来は、

  • K・・・創業時の出資者Ernst Kronreif(エルンスト クローノライフ)
  • T・・・創業者Hans Trunkenporz(ハンス トゥルンケンポルツ)
  • M・・・創業時の場所でもあったザルツブルク州のMattighofen(マッティヒホーフェン)

からなっています。

実はKTMは自転車も製作しているのですが、こちらは分社化されているため、別会社となっているようですね。

 

KTMの日本導入は2002年から

日本では2002年にKTMジャパンが設立されることになりました。当時は荒々しいエンジンが特徴的で、国産バイクにはない乗り味でしたので、一味違ったバイクに乗りたい人に好かれるバイクでもありました。

反対に言うと、尖ったバイクでもあったため、大衆受けは良くありませんでしたので、大きく売り上げを伸ばすことはできませんでした。

しかし冒頭でもご紹介したように、扱いやすさと日常の使いやすさを考慮した「DUKE」シリーズの販売を筆頭に、実用性の高いモデルを次々に投入。雑誌などのメディアが取り上げ始め、一気に人気が高まってきたのです。

そんな人気急上昇のKTMのバイク。どのようなモデルが人気なのか詳しく見ていきましょう。

 

KTMの人気モデルの買取相場

KTMのラインナップはオフロードモデルが中心となっていますが、やはりオンロードモデルの人気が高くなっています。特に中型免許で乗れる400cc以下の相場が高まってきています。

オンロードモデルで最も人気のモデルは、やはりDUKEシリーズのバイク。特に250DUKEの売れ行きが好調となっています。

バイクにはじめて乗る人でも問題なく乗れるため、今まで敬遠されていたバイク初心者からも高い人気があります。実際KTMが販売する新車の半分以上はDUKEシリーズとも言われているくらいだそうです。

 

250DUKE

250DUKE

 

250DUKEはKTMの中でも最も人気があるモデルで、免許を取ったばかりの人でも扱いやすいモデルです。とは言っても、やはりKTMのバイク。

エンジン特性もハンドリングもスポーツ指向ですので、キビキビと走ります。乗りやすさではさすがに国内メーカーに劣ってしまうかもしれませんが、走り慣れるほど操る可能性を感じることができますので、一生もののバイクとして長く所有されることが多いようです。

  • 一般的な買取相場・・・10万円〜30万円
  • バイクブーンでの最高買取価格・・・38万円

390DUKE

390DUKE

390DUKEは250DUKEと比べて大型化されたブレーキディスクや、操作性と快適性が両立されているシートが採用されており、長距離ツーリングでも快適に過ごせるようになっています。

また、フロントサスペンションは倒立フォークが採用されているため、サーキットでも高い走行性能を発揮する最良のストリートファイターと言っても良いかもしれません。

  • 一般的な買取相場・・・20〜35万円
  • バイクブーンでの最高買取価格・・・50万円

RC250

RC250

RC250は390ccのエンジンをスケールダウンさせたもので、同クラスのエンジンの中では非常に力強いエンジンとなっています。

世界選手権のMOTO3クラスで培った技術をふんだんに取り入れているバイクですので、非常にレーシーなデザインとなっています。もちろん乗り心地も非常に優れていますので、意外と長距離ツーリングにも向いています。

  • 一般的な買取相場・・・20〜30万円 
  • バイクブーンでの最高買取価格・・・20万円

KTM 690SMC R

KTM 690SMC R

KTMが誇る唯一のビッグモタードで、ハイパワーの単気筒エンジンを搭載しておりながら非常に軽快に動く車体を持ち合わせています。

車高が高いため、日本人の私たちにとっては足つき性が悪いなどの欠点がありますが、走り出せば意外と不安な気分にはなりません。

モタードカテゴリーはバイク好きの中でも玄人好みのカテゴリーなのですが、このバイクは誰が乗っても楽しめるバイクです。

  • 一般的な買取相場・・・30〜60万円 
  • バイクブーンでの最高買取価格・・・51万円

250EXC-F

250EXC-F

250EXC-Fは超軽量の車体に扱いやすい4ストローク単気筒エンジンで、オフロード入門者でも扱えるのが大きな特徴です。

WPフォークと新設計されたリアショックが乗り味も絶妙にコントロールしているため、モトクロス競技では常に上位を走行しているバイクでもあります。

  • 一般的な買取相場・・・25〜70万円 
  • バイクブーンでの最高買取価格・・・51万円

KTM 690 ENDURO R

KTM 690 ENDURO R

KTM690エンデューロRは競技用モデルと肩を並べるほどの性能と、ストリートでも快適に走行できる乗り味のバイクです。

また、690ccの大排気量単気筒エンジンからは非常に力強いトルクが生み出されるため、あらゆるところを走り抜けることができるでしょう。

  • 一般的な買取相場・・・30〜50万円 
  • バイクブーンでの最高買取価格・・・59万円

 

KTMのバイクを高く売るためのポイント

KTMのバイク

日本でも人気が高まってきたKTM。部品も国内メーカーと変わらないくらい簡単に手に入るようになりましたので、国内メーカー感覚で乗れるバイクです。

そんな人気のあるKTMのバイクを高く売るためのポイントは、以下の3つと言えるでしょう。

  1. カスタムパーツは外さずそのままの状態で売る
  2. 売れ時を逃さないようにする
  3. 飛び石の傷の扱いは査定に大きく影響する

 

1.カスタムパーツは外さずそのままの状態で売る

KTMはカスタムパーツも豊富にあり、パーツ自体も高い人気があります。もちろんパーツにもよりますが、ノーマルの状態と比べて買取相場から1〜3万円ほど高くなることが多いようです。

そのためカスタムパーツが付いているバイクを売るときは、そのままの状態で査定に出してしまった方がお得なのです。

もちろん純正パーツも価値がありますので、カスタムした際に取り外した部品も付けて査定に出せば、さらに高価買取が期待できます。

 

2.売れ時を逃さないようにする

KTMのバイクが高く売れる時期は春先の3・4月あたりとなります。なぜなら季節が暖かくなることに加え、転職や就職、進学によって生活リズムが変わり、バイクを買い換える人が増えるからです。

また、学校を卒業して免許を新しく取得する人は、初めてのバイクを中古車で購入する人が多いため、この時期にバイクを売ると高値で買い取ってもらえる傾向にあります。

ただし、何がなんでもこの時期に売らなければいけないのかというと、決してそうではありません。

バイクは乗らないとあちこち痛んでくるため、春先まで数ヶ月以上期間が開く場合は、すぐに売却してしまった方が良い場合もあります。

 

3.飛び石の傷の扱いは査定に大きく影響する

モトクロス譲りのエンジンを持つKTMのバイクですが、エンジン下部がむき出しになっていることが多いため、細かい傷が多く付くこともあります。

これはある程度はしょうがないことではありますが、査定時には傷の上に汚れが乗っているかどうかがチェックされます。

もし汚れが乗っているのであれば、そのオーナーがバイクを大事に扱っていないという判断をされるため、減額率が大きくなってしまうこともあります。日頃から綺麗にされているバイクの方が査定額が高くなるということですね。

 

KTMのバイクをしっかり買い取ってもらうにはバイク専用買取業者がおすすめ

KTMのバイクはグローバルモデルでもあるため、バイク専用買取業者の方が高値で買い取ってもらえるでしょう。

専門業者だと、買い取ったバイクを海外で販売する流通経路を持っていますので、国内よりも高い需要のある海外で売却してしまった方がより高値で売れるのです。

また、専用業者であれば小売店と沢山連携しているため、販売サイクルも早く、在庫リスクを少なくすることができるのです。

買い取ったバイクがすぐに売れるということは、ある程度高値で売れるということにもなります。

そして高値で売れることは、それ相応の買取査定も期待できるということ。バイクブーンも小売を専門に扱う部門を有していますので、輸入車であるKTMの買取には自信があります。

そのためKTMのバイクを売却しようとお考えであれば、ぜひバイクブーンにお任せください!

 

  • バイクブーンでは大型のKTMバイクでもしっかり買取らせていただきます!

スロットゲーム

お問い合わせ

keyboard_arrow_up