ヤマハ-YAMAHA トリッカー高額査定実施中

ヤマハ-YAMAHA トリッカーなら専門買取のバイクブーンまでお任せください

バイク買取 バイクブーン

お客様のバイク情報

メーカー
ヤマハ-YAMAHA
排気量
126-250cc
車種
トリッカー

お客様の買取査定額

最高価格
240,000
平均価格
160,000
chevron_right1分入力!高額査定お問合せ chevron_rightカンタン!LINEお問い合わせ

chevron_rightヤマハ-YAMAHA関連の買取金額一覧はこちら
youtube

トリッカー買取金額の相場について

トリッカーの買取はバイクブーンへお任せください。
トリッカーはヤマハが2004年から販売しているオフロードタイプのバイクです。250cc空冷単気筒エンジンを搭載し、乾燥重量わずか111kg。開発コンセプトは「フリーライド・プレイバイク」というもので、その名の通り場所を選ばず、どのような乗り方でも楽しめるバイクとして開発されました。
バイクブーンではトリッカーの高価買取を実施しています。これまでの買取実績としては、最小価格43,000円、最大価格240,000円という実績があります。もともとの新車価格が40万円弱程度の手頃なバイクなため、十分高値での買取といえるのではないでしょうか。
他社に見積もりを出してもらったものの、あまりにも安くて驚いたという方はぜひ一度バイクブーンへご相談ください。

オンライン自動査定はこちら

オンライン自動査定はこちら

トリッカーの改造する箇所

トリッカーは250cc単気筒のオフロードバイクということもあり、非常にカスタムの幅が広い1台です。マフラーなどの排気系統は定番として、あえてローダウン仕様にしてみたり、ハンドルカスタム、実用性を意識してリアキャリアを装着したりと個性は豊かなバイクといえます。
初期のモデルはキャブレター仕様となっており、特に排気系統のカスタムを検討しているユーザーにとってはキャブレター仕様のモデルのほうが人気が高い傾向にあります。もちろん、2008年のマイナーチェンジ以降に登場したフューエルインジェクション仕様のタイプも状態が良いものは高値での買取を行っています。

バイクブーンの専門買取結果をご覧ください!

公式ユーチューブ ありがとうチャンネルはこちら

関連バイク買取情報

トリッカーのマニアック情報

トリッカーは2008年のマイナーチェンジによってフューエルインジェクション仕様に変更となりましたが、細かなところでは燃料タンクの容量アップも行われています。それまでトリッカーの燃料タンクは6リットルでしたが、後期のモデルでは7.2リットルへアップし実用性が向上しています。
無料査定スタート

直近のヤマハ-YAMAHA トリッカーの買取実績

どんな場所でも、どんな乗り方でも、気軽に楽しめる「フリーライド・プレイバイク」というコンセプトの元に開発され2004年より発売された。

当初はシルバー3(シルバー / イエロー)、マットブラック2(ブラック)、ダークパープリッシュブルーメタリック2(アオ / ベージュ)の3種類がラインアップされた
810mmのシート高は足付きが非常に良く、また全長1,980mm、装備重量125kgの車体スペックは250ccクラスの中でも特にコンパクトで扱いやすい。舗装道・林道・オフロード等いずれの道もこなし、また車名が示すように、ウィリー・アクセルターンなどのトリッキーな乗り方も可能である。
     買取実績:関東:DG10J-000~、500㌔、ノーマル、極上車、24万円
             埼玉県:DG10J-005~、3万キロ、ノーマル、程度中、12万円 
無料査定スタート

ここまで読んで頂き、ありがとうございます。
少しでも弊社にご興味のある方はお気軽にお問い合わせ下さい。

0120-20-1818お電話でのお申し込み 通話無料(携帯 PHS OK)

keyboard_arrow_up