IMPORT スクランブラーSIXTY2 高額査定実施中

IMPORT スクランブラーSIXTY2 なら専門買取のバイクブーンまでお任せください

バイク買取 バイクブーン

お客様のバイク情報

メーカー
IMPORT
排気量
251-400cc
車種
スクランブラーSIXTY2

お客様の買取査定額

最高価格
650000
平均価格
625000
chevron_right1分入力!高額査定お問合せ chevron_rightカンタン!LINEお問い合わせ

chevron_rightIMPORT関連の買取金額一覧はこちら
youtube

DUCATI スクランブラーSIXTY2の買取金額相場

DUCATI スクランブラーSIXTY2の買取はバイクブーンへお任せください。
DUCATI スクランブラーSIXTY2は2015年に発売されたDUCATIのネイキッドで、おなじみの空冷L型ツインエンジンを搭載しています。そもそもスクランブラーシリーズとは、従来DUCATIがアメリカ向けに輸出しているモデル名付けた名称のこと。スクランブラーシリーズは1962年に登場したため、今回名付けられた「SIXTY2」もそれに由来しています。
発売からまだ数年しか経っていなく新しいモデルのため、中古車市場に流通している量もごくわずか。バイクブーンでもまだ買取実績はありませんが、希少車のため高価買取をお約束いたします。買取依頼を検討している方は、ぜひ一度バイクブーンへご相談ください。

オンライン自動査定はこちら

オンライン自動査定はこちら

DUCATI スクランブラーSIXTY2の改造箇所

DUCATI スクランブラーSIXTY2のオーナーはDUCATIの世界観を壊さないようにカスタムを楽しむ傾向が高く、あまり派手なカスタムの中古車は見られません。フルノーマルのままで乗り続ける方も珍しくありませんが、カスタムの傾向が強いのは足回りとマフラーです。
特にマフラーはフルエキゾーストマフラーに載せ替えるケースも多く、ユーザーの好みに応じてカスタムも楽しめる1台といえるでしょう。

バイクブーンの専門買取結果をご覧ください!

公式ユーチューブ ありがとうチャンネルはこちら

関連バイク買取情報

DUCATI スクランブラーSIXTY2のマニアック情報

輸入車といえば足つきを心配する人も少なくありません。しかし、DUCATI スクランブラーSIXTY2の場合はそれほど深刻にとらえなくても良さそうです。なぜなら、純正シートがフラットな構造になっており、ライディングポジションを前後に微調整することで停車時の足つきも改善するためです。
小柄な日本人にとっても比較的乗りやすいサイズ感といえるでしょう。
無料査定スタート
無料査定スタート

ここまで読んで頂き、ありがとうございます。
少しでも弊社にご興味のある方はお気軽にお問い合わせ下さい。

0120-20-1818お電話でのお申し込み 通話無料(携帯 PHS OK)

keyboard_arrow_up