ヤマハ-YAMAHA SR400-4(RH03J)高額査定実施中

ヤマハ-YAMAHA SR400-4(RH03J)なら専門買取のバイクブーンまでお任せください


YAMAHA SR400-4

お客様のバイク情報

メーカー
ヤマハ-YAMAHA
排気量
251-400cc
車種
SR400-4(RH03J)

お客様の買取査定額

最高価格
460,000
平均価格
400,000
chevron_right1分入力!高額査定お問合せ
chevron_rightヤマハ-YAMAHA関連の買取金額一覧はこちら

YAMAHA SR400-4(RH03J)

1978年にヤマハが初代SR400(2H6)を発売してから30年以上続けたSR400を
2010年にフルモデルチェンジを行ったモデルとしてSR400(RH03J)が登場しました。
XT500のエンジンやフレームレイアウトをベースにショートストローク化して運転免許区分に対応した400ccエンジンを搭載。
その後足回りなどは数回にわたって変更されたが、2008年まで基本設計とデザインは変更されずに来ましたが、
最大の魅力であるシンプルなスタイリングや水冷4ストロークOHC単気筒エンジンの基本構成をそのままに
燃料供給はインジェクション化し、O2センサーやキャタライザーの装備を合わせ排出ガス規制をクリアさせました。
点火方式はフルトランジスタ式になり、イグニッションコイルの仕様も変更されました。
これによりパワー、トルクはそれぞれ低下はしましたがクラッチスプリングの変更でクラッチレバー操作荷重が低減されました。
キャタライザーの装備でマフラーが一回り太く、ステップ下にヒートガードを追加しました。
外装面ではサイドカバーが多少の膨らみを持った形状に変更、
素材は金属感を強調させて新しい立体的なエンブレムを装着しました。
ホワイト基調のメーターパネルにはレトロモダンな字体が採用され、
ブラックアルマイト処理されたフロントブレーキキャリパーとディスクインナーが特徴的。
新たに燃料残量警告灯の装備もされました。
空冷で単気筒にSOHCで2バルブの上に排気量は400㏄クラス。
当時は主流だったこのエンジンはここ数年で厳しくなった排ガス規制により
多くのメーカーが売れないや人気がないと言った理由ではなく、
排出ガス規制に適合しないといった理由で開発を断念したことで多くの名車達が消えてしまいましたが、
ヤマハはそれでもSRを諦めなかった結果、1978年発売当初から2017年までのロングセラーとなりました。
生産終了されてしまった現在も根強い人気があります。

オンライン自動査定はこちら

オンライン自動査定はこちら

SR400-4(RH03J)の高額査定はお任せください

バイクブーンでは、35thアニバーサリーエディションや、高年式のモデルなど買取実績があります。
最近のモデルはキックが軽くて簡単に始動し、握りやすい低荷重クラッチも装着され、
男性だけではなく、女性でも扱いやすく単気筒の中でも人気がありますね。

バイクブーンの専門買取結果をご覧ください!

公式ユーチューブ ありがとうチャンネルはこちら

関連バイク買取情報

スペック

メーカー:ヤマハ                モデル名:SR400
タイプ・グレード: -             動力方式: -
型式:RH03J                   排気量:399cc
発売開始年:2014年               燃料消費率:41.0 km/L ( 60 km/h走行時)
燃料タンク容量:12.0リットル          航続可能距離:492.0km(概算値)
燃料供給方式 フューエルインジェクション     エンジンタイプ:空冷4ストローク・単気筒SOHC2バルブ
エンジン始動方式:キック            最高出力:26ps(19kw)/6500rpm
最大トルク:2.9kg・m(29N・m)/5500rpm     車体重量(乾燥重量):158(概算値)kg
車体重量(装備重量):174kg             パワーウエイトレシオ:6.1kg/PS
全長・全高・全幅:2085mm × 1110mm × 750mm  シート高:790mm
フロントタイヤサイズ:90/100-18 54S WT     リアタイヤサイズ:110/90-18 61S WT
無料査定スタート

直近のヤマハ-YAMAHA SR400-4(RH03J)の買取実績



YAMAHA SR400(RH03J)
1978年にヤマハが初代SR400(2H6)を発売してから30年以上続けたSR400を
2010年にフルモデルチェンジを行ったモデルとし、
SR400(RH03J)が登場しました。
XT500のエンジンやフレームレイアウトをベースに
ショートストローク化して運転免許区分に対応した400ccエンジンを搭載。
その後足回りなどは数回にわたって変更されたが、
2008年まで基本設計とデザインは変更されずに来ましたが、
最大の魅力であるシンプルなスタイリングや
水冷4ストロークOHC単気筒エンジンの基本構成をそのままに
燃料供給はインジェクション化し、O2センサーや
キャタライザーの装備を合わせ排出ガス規制をクリアさせました。
点火方式はフルトランジスタ式になり、
イグニッションコイルの仕様も変更されました。
これによりパワー、トルクはそれぞれ低下はしましたが
クラッチスプリングの変更でクラッチレバー操作荷重が低減されました。
キャタライザーの装備でマフラーが一回り太く、
ステップ下にヒートガードを追加しました。
外装面ではサイドカバーが多少の膨らみを持った形状に変更、
素材は金属感を強調させて新しい立体的なエンブレムを装着しました。
ホワイト基調のメーターパネルにはレトロモダンな字体が採用され、
ブラックアルマイト処理された、
フロントブレーキキャリパーとディスクインナーが特徴的。
新たに燃料残量警告灯も装備されました。
空冷で単気筒にSOHCで2バルブの上に排気量は400㏄クラス。
当時は主流だったこのエンジンはここ数年で厳しくなった排ガス規制により、
多くのメーカーが売れないや人気がないと言った理由ではなく、
排出ガス規制に適合しないといった理由で開発を断念し、
多くの名車達が消えてしまいましたが、
ヤマハはそれでもSRを諦めなかった結果
1978年発売当初から2017年までのロングセラーとなりました。
生産終了されてしまった現在も根強い人気があります。

今回ご売却頂いたこちらのバイクはとても綺麗な状態でした。
最近のモデルはキックが軽くて簡単に始動するし、
握りやすい低荷重クラッチも装着されていて、
男性だけでなく、女性にとってもありがたいですね!

バイクブーンでは、SR400(RH03J)の買取を実施しております。
2017年の買取上限相場価格は460,000円です。
車両の知識だけではなくパーツの知識も豊富に持っている
買取専門のスタッフが適正価格を査定しております。
他社で満足の行く金額が出なかったり、事故車や不動車等で
お困りの際もお気軽にご相談ください。
SR400(RH03J)の査定をお考えのお客様はバイクブーンへお問合せください。

メーカー ヤマハ
モデル名 SR400
タイプ・グレード -
動力方式 -
型式 RH03J
排気量 399cc
発売開始年 2014年
燃料消費率 41.0 km/L ( 60 km/h走行時)
燃料タンク容量 12.0リットル
航続可能距離 492.0km(概算値)
燃料供給方式 フューエルインジェクション
エンジンタイプ 空冷4ストローク・単気筒SOHC2バルブ
エンジン始動方式 キック
最高出力 26ps(19kw)/6500rpm
最大トルク 2.9kg・m(29N・m)/5500rpm
車体重量(乾燥重量) 158(概算値)kg
車体重量(装備重量) 174kg
パワーウエイトレシオ 6.1kg/PS
全長・全高・全幅 2085mm × 1110mm × 750mm
シート高 790mm
フロントタイヤサイズ 90/100-18 54S WT
リアタイヤサイズ 110/90-18 61S WT
無料査定スタート

ここまで読んで頂き、ありがとうございます。
少しでも弊社にご興味のある方はお気軽にお問い合わせ下さい。

0120-20-1818お電話でのお申し込み 通話無料(携帯 PHS OK)